カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声
官足法のオリジナルグッズ ウォークマット 赤棒 カニカニはさみちゃん 官足棒
官足法 ウォークマット 裏板 官足法 歩行板パーツ プチマット 官足法 健康ビギナーズセット 官足法 赤棒 足裏マッサージ用健康器具 官足法 にぎり棒 足裏マッサージ 健康器具 
官足法 足裏マッサージ専用健康器具
冷え性 むくみ 解消セット 官足法 不眠症治療セット 官足法 花粉症 治療セット 官足法 反射区図表  
官足法 足裏マッサージ専用健康器具
官足法 足裏マッサージ専用健康器具 官足法 個人指導教室 セミナー 講習会 官足法 足裏マッサージ専用健康器具 官足法 足裏マッサージ専用健康器具 官足法 足裏マッサージ専用健康器具 
官足法 足裏マッサージ専用健康器具

糖尿病の有効な治療法について

店長はかつて病気の宝庫でしたが、糖尿病だけは無事でした。

なぜなら、肝臓は辛うじて正常に近い状態だったからです。

肝臓が悪くなる原因の多くは、食生活・生活習慣に問題があります。

毎日お酒を飲む(店長もそうですが)、肉類や脂っこいものを好んで食べる、甘いものが好きで、ジュースなどが主飲料、血液は常に酸性。しかも車中心の移動など、ほとんど体を動かさない生活、不規則な生活などで、徐々に肝臓を弱らせてゆきます。

  

結果、膵臓(すいぞう)がブドウ糖とインシュリンを結合させてつくるグリコーゲンを、肝臓が貯えることができなくなる。血糖値があがる。その内膵臓自体も弱ってインシュリンを作らなくなる。血は常に汚れ、のどがかわき、体はだるく、すぐ眠くなる。糖尿病の完成です。

ここで店長の思い出話を一つ。

幼なじみがいました。名前はヒロちゃん。幼稚園のころ、隣のクラスでヒロちゃんはお山の大将。当時遊具としてあった大きな積み木を積み重ねてその頂上にいつも鎮座していたわけです。私はどちらかというといじめられっこで、クラス(梅組でした)でいじめられていると、その体格のいいヒロちゃんが飛んできて、いじめる子をポイポイッとつかんでは投げて助けてくれたのを良く覚えています。体も大きかったですが、かなり太っている子でもありました。

時は過ぎ、中学も卒業し、高校3年の春。ヒロくんとはもう3年くらい会っていませんでした。ある日高校のクラスの同級生と街中でばったり会って、「おうっ!」て感じで立ち話を始めましたが、彼の隣に見知らぬ人がいる。誰かは分からないのでしばらくその同級生と話をした後、「ところでこちらは?」と彼の連れ添いの男性のことを訊いたところ、彼は「こちらはヒロくん」だと言う。「ええ?三宅のヒロくん?」とびっくりして聞き返しました。なぜなら、暫く見ない内にガリガリに痩せていて、以前の太ったヒロ君の面影が全くなかったからです。気づかないまま同級生と話をしていたのです。

ヒロくんは糖尿病でした。こんな若くても糖尿病になるなんて、当時は中年以降の病気だと思っていたので、驚愕しました。しかも本人と分からないほど痩せこけている。

それが糖尿病というものに直面した初めでした。

社会人になって、一緒に仕事をした仲間の中にも糖尿病になった人はいます。

やはり暫く会わなくなって突然街でばったり、というパターン。今度はその人を認識はできたのですが、やはり元々太り気味の人が、水木しげるさんが描く死神のように、骨の目立つ顔になって、ぎりぎり分かりはしたものの、「いったいどうしたんですか、そんなに痩せて?」と思わず一言目。やはり、糖尿病でした。

糖尿病というのは、なかなか根治しにくい病気だと聞いていました。糖尿病という病気が引き起こす他の病気も多くあって、癌に次いでなりたくない病気のトップグループです。

幸い私はあまりその気配はありませんでしたが、なかなか悩ましい病気をかなり多く抱えて、仕事を続けることも困難を感じ始めていた時に知り合ったのが、官足法という健康法です。

 官足法

たまたま新宿で行われていた、故・官有謀先生の健康セミナーに出席する機会があったのです。その時に、「足の裏を揉みつぶして痛いところを痛くなくなるまで続けろ。」「全ての病気の原因は足につまった汚れだ。その汚れを取ればどんな病気でも治る。」「薬は飲むな。点滴は打つな。手術はするな。」という官先生の過激なレクチャーを聞いて、凄い迫力を感じつつ、しかし、足をいじめてどんな病気でも治る、というのはちょっとどうか、と疑っていました。

官有謀先生 

たまたま隣にいた男性と話をしたのですが、その50歳前後の男性は、2年前に糖尿病になったということでした。この官足法を知って足のマッサージを始めたところおよそ半年くらいで、すっかり糖尿病は治ったと言います。以来何度か官先生の話を聞きにきて、今は体のメンテナンスのために続けています、とのことでした。

その時は、「そんな不思議なこともあるんだ」と、それでも半信半疑でした。帰りにその場で「ウォークマット」を試しに買って帰りました。やがてその奇跡がわが身に降りかかることはその時点では全く想像していませんでした。

さて、本題に戻ります。私店長は糖尿病の経験はありませんが、その治療に関しては、官足法は最も適した治療法だと確信しています。なぜなら、官足法で最も改善しやすい、腎臓、肝臓など五臓六腑の中心に原因がある病気だからです。

膵臓の反射区(反射区図表参照のこと)を指で押して見てください。できるだけ強めに。激しい痛みがあるはずです。ちょっと押すだけで痛いくらいだと思います。これが糖尿病の人の特徴です。

反射区 膵臓

糖尿病で重要なのは、腎臓、輸尿管、膀胱の反射区と、膵臓の反射区です。また、右足にある肝臓の反射区も当然ケアします。

反射区 腎臓 輸尿管 膀胱

腎臓、肝臓、輸尿管はウォークマットを踏み続ければ当たるところなので問題ありませんが、膀胱と膵臓に関しては足の横側に位置しているため、ちょっとコツが必要です。

 

もしくは、赤棒ミニ、グリグリ棒などを別途使用してマッサージします。

 

一日15分ウォークマットを踏めるようになれば、もう50%は改善したと思って下さい。トータルでは、年齢÷10ケ月続けることが目安です。40歳なら4ケ月、50歳なら5ケ月です。突然良くなるのではなく、実感として徐々に改善してゆくのが分かりますので、初めの1ケ月を乗り越えれば、逆に踏まずにはいられなくなるくらい楽しみに変わってゆくはずです。個人差はありますが、早ければ2週間くらいで効果を感じ始めることもあります。

注意点としては、「官足法十訓」をお読み下さい。

ここからは、食養の観点からの情報です。

糖尿病には断食という方法もあります。

有名なのは、西勝造先生が確立した西式断食療法で、今もあちこちに断食道場があり、実施されていますので、興味のある方は、最寄の道場などにお問い合わせいただくと良いと思います。

ただ断食をすれば良い、という訳ではありませんので、ちゃんとした指導団体で教えを受けていただく必要があります。その点西式は歴史ある断食健康療法なので、お勧めしておきます。

主食には白米より玄米が良い、とされています。

また、かぼちゃは膵臓の働きを助けると言われています。

ごぼうなど植物繊維の多い野菜も血糖の吸収をする働きがあります。

逆に食べてはならないもの・・・糖尿病のかたは既にお分かりですね。

ウインターベル健康ショップでは、糖尿病の方に最も有効で便利な3つのグッズを「糖尿病治療セット」として推奨しています。

官足法 糖尿病治療セット 

セットならではの特典も付けておりますので、ご興味のある方は是非ご利用になっていただきたいと思います。




<><><><>
官足法 糖尿病治療セット

拡大表示

糖尿病治療セット

定価:
11,225円(税込)
価格:
11,000円(税込)
購入数: セット
返品期限・条件返品についての詳細はこちら
お客様の声へリンクレビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
QRコード

花粉症・鼻炎について

花粉症の有効な治療法のご紹介

私店長は20年間花粉症と慢性化したアレルギー鼻炎に悩まされていました。毎日欠かさずに飲んでいたのが、ストナリニの錠剤。これを服用すると、眠くなるので、朝服用すると勤務中に眠くなる。ので、服用は夜眠りに就く前。そうすると翌日の夕方5時くらいまで効いてくれる。大変有難い薬でした。もう一生この薬のお世話になると思っていました。

しかし、もう7年も前から、お世話になっていません。20年もお世話になったのですが、製薬会社さんの固定ユーザーから離脱してしまいました。しかしながら、長い間有難うございました。

花粉症は、官足法では、2つのポイントで治ります。

ひとつは、非常に基本的なことですが、足の裏全体が、血管と細胞の間につまった老廃物などの汚れから開放され、強く押されても痛みがなくなる状態になることです。

このことは、体全体の免疫力向上、機能回復、血圧などの正常化、血液の好循環をはかり、人間が本来授かった全ての病気に対する自己治癒能力を復活させるための第一歩です。

花粉症やアレルギー性鼻炎の方は、胃腸や肝臓、腎臓、脾臓などの臓器が弱っている人です。ですから、まず内臓系の機能強化が必要なのです。

それにはどうしたら良いか?私は「ウォークマット」を毎日踏むことをお勧めしていますが、他にも色んな方法があります。先のやや尖った木の棒で強く押す(官足法では、「グリグリ棒」などの商品があります)。川原から丸い大き目の石ころを集めて空箱の中などに固定してその上を踏む。ひたすら指で気合を入れて揉み続ける。この時注意することは、怪我に気をつける、食事の直後は避ける、マッサージのあと水か白湯を多めに飲むということです。

コツは一つだけ。揉んで痛い部分を避けたら、全く効果はない、ということです。

気持ちの良い揉み方をしても意味がありません。町のリフレクソロジーや、○○式足裏マッサージなどで頼めば、15分いくらで、気持ちよく揉んでもらえます。それは温泉につかるようなもので、ストレスの解消には非常に良いことだと思います。

でも残念ながら積極的に健康になることとは無縁です。

ふたつめは、官足法では、からだの各臓器をつかさどる反射区という足のツボを刺激することで、反射区に対応する臓器を活性化させ、疲弊して問題を起こしている体の器官を改善してゆく、というもの。花粉症は「副甲状腺」の機能低下が原因。であれば、「副甲状腺」の反射区である、親指の外側(よく外反母趾《がいはんぼし》で見かける、骨のでっぱり部分、といえば分かりますか?)を毎日良く揉んでやれば良いのです。それと、「鼻」の反射区。これは親指の外側側面。これを同時にゴシゴシやって下さい。私は良く入浴中にこぶしを使ってゴリゴリやっていました。

さて、ここからはまた別の側面からの情報です。

アレルギーのある方の特徴として、甘いものが好き、という方が多い、ということがあります。特に白砂糖やグラニュー糖をたっぷり使用したケーキ類。それにあまーいチョコレート。コーヒーに角砂糖を何個も入れて飲む人。

アトピーと癌の独自療法(SOD)で有名な四国の病院、土佐清水病院の丹羽院長の講習会に伺う機会があり、そこでお聞きしたのが、「アトピー患者の子供で、どうしても治りにくい子供がいる。その原因を徹底調査した結果で分かったのが、治りにくい子供のほとんどがチョコレートが好物だった。」というお話。

甘いものが悪い、ということではなく、過剰な摂取の問題。

特に白い砂糖を使ったものの摂り過ぎは良くないようです。

食事で言うと、玉ねぎ、にんにくなどの根菜類、カレーや唐辛子などの辛いものがお勧めです。時に、肉食の多い方は、香辛料を使った食べ物を同時に摂った方が良さそうです。体内での肉類の腐敗を止め、消化を助けるものとされています。

店長は辛いもの好きで、お刺身には練りからしをたっぷりつけて食べるのが好きで、ソバには唐辛子を表面が真っ赤になるくらいぶっかけて食べます。グリコのLEE30倍カレーを週一欠かさず食べています。これで冬でも汗がぶわーっと噴出すのが快感です。まあ、そこまでは必要ありません。

私店長がすっかり花粉症とは縁が切れた後に知ったもので、健康デザイン社が販売している、「MSMパウダー」も花粉症やアレルギーに有効のようです。

店長も何度か九段下のお店に足を運んで、この「MSMパウダー」を買い、花粉症の人に差し上げました。個人差はあるようですが、即効的に効いた人もいました。

薬とは違って天然物質で作られているもので、眠気などの副作用もありません。

情報としてお伝えしました。

腎臓や肝臓のケアには、官足法の他にも、こんにゃくや生姜、ビワの葉など、自然食、自然のものを使った有効な治療法が存在しています。これについての情報は、店長メールにてお問い合わせ下さい。

ここまで読んでいただいて、それでも良く分からない、という方。花粉症を本気で治したい思っている方限定で、店長あてにお気軽にメールいただければ、と思います。

個人差はあると思いますが、店長はたったの2ケ月で20年の花粉症から開放された経験上で、官足法グッズと、ウォークマットの使用を推薦していることを最後にお伝えしておきます。

高血圧の治し方

高血圧の有効な治療法のご紹介

高血圧を更年期障害とあきらめていませんか。毎日病院から処方された血圧低下のための高圧剤のお世話になり、脳卒中腎不全などの発症におびえたりしていらっしゃる方を良く見かけます。

実はこの高血圧。

官足法では最も簡単に治せる病気の一つです。

ある50代になる知り合いのお母さんも、この高血圧に悩み、薬を常用し、月に何度か病院通いをしていました。

私店長が以前「ウォークマット」を差し上げて、如何にこのツールで健康になれるか、私自身も如何に健康を取り戻せたかをとくとくとお聞かせしたところ、彼女は毎日熱心にこのウォークマットを踏んでくれたのです。

始めて2週間くらい経ってのことでした。

再び彼女にお会いした時、以前は青白かったお顔の血色も良く、何か変わってきた様子でした。そして、喜びながら話してくれたのですが、この2週間ほど、薬も飲まず、ウォークマットを踏み続けたところ、昨日病院で採血検査をしたら、血液の色が以前はどろっとした黒っぽい血液だったのが、赤みを帯びたピンクのようなきれいな血に変わっていたというのです。そして、血圧も正常値に戻り、お医者様からは、「ちゃんと薬を飲んでいるようですね。」と言われた、といって笑ってました。

ウォークマットは踏み始めの時は、こういった病気の方には大変痛くて苦痛が伴うものです。しかし、健康な人は初めから痛みを感じません。

つまり、痛いのは病気、もしくは病気の予備軍です。

痛いからと放っておいて、深刻な病気に苦しみたい人はそれでもいいかも分かりません。

でも、一時の痛みに耐えて、本当に健康を取り戻して笑いたいかたは、この一時的な苦しみに耐えれば良いのです。ただ、それだけのことです。

もちろん官足法では足の裏だけでなく、足の側面や甲、ふくらはぎから太もも、足の付け根のリンパ腺にかけてまんべんなく揉むのが良い、とされており、それに間違いはありません。しかし、高血圧などは結構足の裏をケアするだけでも改善されたりします。

私も当初ウォークマットを踏むだけで7割の病気が消え去りました。

揉み方は、反射区でいう「腎臓」「輸尿管」「膀胱」「頭」を強く揉むことです。グリグリ棒やカニカニはさみちゃんといった優れものがありますが、自らの手でマッサージを行うときは、痛みのため、どうしても力を加減してしまいます。

ところがウォークマットは自分の全体重をかけて足の裏を押しつぶしていることになりますから、加減のしようがありません。あとはこの痛みに耐えるのか、やめてしまうのか、だけということになります。

治したい人は耐える。そうでもない人は後回しにするかやめてしまう。

単純にそれだけのことです。

耐え切って病気を治した人は、こんな簡単に治るものとは、と改めて驚き、シメシメという感じになります。人に勧めたくなります。

高血圧はかなり簡単に治ります。

末期癌から足裏マッサージだけで生還された方の例も官足法では数多く事例が報告されています。しかしさずがに末期癌ともなれば、死にもの狂いで頑張ったことになります。

抗がん剤を拒否もしなくてはならないので、もしこの方法が間違った選択であったなら、自分は死ぬ、という恐怖とも戦わなければなりません。

その点、高血圧はまだ病気ではなく、病気の前の警報に過ぎません。

今がチャンス、ということです。

最後に食養の面からお話しましょう。

高血圧の方は間違いなく、足にコレステロールや老廃物のカスが血管や血管と細胞の間に頑固に付着してそれが血流を悪くしている原因になっています。

動物性脂肪、肉や油ものを好む方は要注意です。

食事の面から改善するのであれば、海藻類やごぼうなど植物繊維の多いものを摂ること、ビワの葉茶など、自然の野草をベースにしたお茶や飲み物を飲むこと、精製米よりは玄米、バターなどの動物性油ではなく、ゴマ油などの植物性油を使用した料理を食すること。

ステーキ、焼肉などの肉類、油もの、砂糖を多く含んだ甘いもの、ジュース。こういったものが悪いことは、既にお分かりのことと思います。

但し、永久に好物を我慢する必要はありません。

足裏の汚れを取り、血液循環を正常にして、健康診断でもオールAが取れるような体になれば、暴飲暴食は悪事にしても、少々コッテリトンコツラーメンを食べたからといって、何が悪い、ということもないのです。


実際これを踏んでさえいれば血圧を下げるのは簡単。
ウォークマット兇最大のおすすめ品です。
画像クリックで商品の詳細をご覧いただけます。


はじめはもっとお安めのグッズで試してみたい、というかたはこちらのグリグリ棒。
ちょっと時間はかかりますが、ジワジワと効いてきます。
画像クリックで商品の詳細をご覧いただけます。

水虫

水虫の治療は簡単です。

水虫ってけっこう人には言いいにくい病気ですよね。肝臓が悪いとか、血糖値が高いとか、結石を持ってるとか、平気で言えるのに。何だか水虫って、不潔な病気っていうイメージが。

ある意味それは当たっているんです。もちろん毎日お風呂に入っているとかいないとか、そんな話ではありません。

水虫は言わずもがなで、白癬菌が原因。彼らが足の裏にたまった栄養をバクバクバクバクと食べるから水虫になる。

水虫がなぜ足に集中するのか、分かりますか?

足の裏に彼らの好む栄養がたっぷりあるからです。

なぜ足の裏にばかり水虫の好む食べ物があるのか分かりますか?

そこに彼らの栄養が溜まりやすいからです。

なぜ溜まるのか。

足は心臓から一番遠い体の部分。

想像してみて下さい。

川の下流には良く濁った溜りが出来ていますよね。

山の谷あいを流れて入るときは水も勢いがあったのに、下流に行くほど色々と障害物もあり、枝分かれもあり、ということで、所々汚い溜りができる。あるいは三角州、土砂が陸を作る。昔理科の実験でありましたね。

人間の体にも同じことが起きています。

心臓が水源地とすれば、足は一番の下流。

川は海に出てゆきますが、血の川はまた心臓に戻って来なくてはならない。

そこで、溜まった足の堆積物にかまっている暇はない訳です。

血は安静時に毎分約5リットル、約50〜60秒で心臓から心臓に戻って来ます。

どこかに溜まった血の堆積物をかき出してくれる職人は体の中にはいないのです。

これが最下流である足の裏に血の堆積物が溜まってゆく原因です。

これが白癬菌の大好物、ということになっています。

ここまで言うとお分かりのように、水虫の退治は単純に兵糧攻め。

彼らに餌を与えないことです。

水虫は足の皮膚の表面近くを住処とするため、足の浅いところにある餌を無くしてしまえば良いのです。

血の堆積物は実は骨の近くまで溜まっています。

しかし、水虫退治には足の皮に表面近くに溜まった堆積物(汚れ)を無くしてしまえば良いのです。

ね、簡単でしょう?

ウォークマットを数日ゴリゴリと踏んでその餌をすりつぶして血の中に戻すか、グリグリ棒などを使ってしっかり粉砕してしまえばいいってことなのです。

醸造酢に毎日つける、なんて方法も有効ですが、絶対この方がてっとり早いです。

さて私店長の体験談に入ります。

私はウォークマットを踏み始めてから、水虫など縁がないものと思っておりました。

ところが、ある夏の日、右足の小指と薬指の股の間に、それはできてしまったのです。

痒くて痒くて、毎日掻いている内に皮も向けて、更にその下の赤い皮膚も痒い。

実は店長、官足法では足の裏だけでなく、指や指の股、足の甲なども入念にマッサージした方が良い、という掟を知りながら、そのあたりは手を抜いていたんですね。

だから、足の裏でなく、指の股に水虫ができてしまった。

水虫のおいしい餌がそこに放置されていたのですね。

で、赤くなって痛痒い粘膜むき出しのその部分をマッサージするのも辛い。

でも私にはとっておきの切り札がありました。

それはビワの葉エキス。

その辺に生えていたビワの葉を切り刻んで、ホワイトリカーに3ケ月ほど漬けたもの。

ビワの葉には強い殺菌作用があり、水虫には強い味方、ということを知っていました。

そのビワの葉エキスを毎晩ガーゼに染ませて患部に付けて寝る、ということをほぼ1週間続けて、すっかり完治しました。

まあ、そうなる前に、水虫の餌となる足の内部の堆積物はまめに粉砕しておきましょう。

ちなみに私がプチ水虫になったのは30年ぶりでした。

腰痛

腰痛にお悩みの方へ

この項は少し説明が長くなるかも分かりません。

腰痛にお悩みのかたは世の中に多く、私もその一人でした。

私の体験談を聞いて希望を持って下さい。

腰痛は治ります。

やり方を良く理解して慣れてくれば、自分で治せるようになります。

8年ほど前、私はまだ幼い息子を連れて彼らが見たかったアニメ映画を見ていました。

上映中についくしゃみをもよおしたので、音を殺すために腰を曲げて「くしゃん」とやったのですが、その時に左の腰に激痛が走りました。

太い神経が「ブチ!」と切れたような感覚があり、立て続けに左足の太ももあたりの神経も「ブチ!」という感じでわずかな時間差で切れてしまったような感覚が続きました。

その直後から始まる猛烈な腰の激痛。

映画どころではありません。あまりの痛みに真冬だというのに、脂汗がタラタラと額を伝い落ちる。

しかし息子たちが楽しみにしていた映画を見ている。まだ幼い子たちですから、ちょっとお父さん先に帰る、という訳にもいかない。結局1時間くらい映画館で痛みに耐えて、帰り始める。が、左足に感覚がない。何かサンドバッグのようなものを腰から下につけて引きずっているような感じ。しかも腰には激痛。

とにかく子供をつれて一旦家に帰らなくては、という思いだけで、街を歩き電車に乗り、また駅について家までの道のりを歩き出す。帰らなくては、痛い、帰らなくては、痛い、と脳内はただその繰り返し。汗も止まらない。

しかし、駅と家までのほぼ中間地点(八千代信用金庫の前)あたりで力尽きた。立っていることもできない。道端に座り込んで道行く人に好奇の目で見られながら妻に携帯から電話する。妻に自転車で迎えにきてもらい、後ろに乗っかりながら辛うじて家まで。

家についてからがまた大変で、家についた安心感からか、更なる激痛が腰を襲う。

もう、立っても座っても横になっても仰向けでもうつ伏せでも何をしてもひたすら痛い。

脂汗が目に入ってひりひりするがぬぐうこともできない、ただ、うーうー、と痛みに耐えるだけ。生まれて初めて救急車、という考えがふと頭に浮かんだが、それから約1時間ほどで、何とか耐えられるくらいに痛みは治まった。

一晩寝て、会社には事情を説明して休暇届け。外科病院に足を引きずりながら行く。相変わらず左足は麻痺して動かない。

病院で「椎間板ヘルニア」と診断された。

何番目の骨がちびて神経を圧迫してる。何番目の骨が異様に曲がっている。尖って変形しているものもある。レントゲンでは悲惨な写真を目の当たりにしました。それが私の体の骨なのです。

今後は週に2〜3回はリハビリに通うこと、それでも酷いようなら手術もあり得るということでした。しばらく休んでから様子を見て会社に出勤しても良いが、重いものは決して持たぬよう、つねに気をつけて行動すること、など。

こりゃもう人生終わったかも、という気持ちになってしまいました。

営業でいつも重い鞄を持って走り回っていた私から、道具を放棄してしかも歩けない足で何ができるものかと。

私はいつも自分は運のない人間だと思っており、その時は更にそう実感してしまいました。

ところが、その時ばかりは拾う神様がいてくれた訳です。

東京の森下というところにある深川健康会の久保先生がその人です。

たまたま知人に教えてもらい、かなり良い先生だというので、藁をもすがる気持ちで先生に予約を取り、診てもらいに行きました。口コミでしか患者を診ないという、変わった方で、その道50年の超ベテラン整体師の方です。そもそも整体、という言葉もなかった時代に、整体という言葉を作った方、とご本人からお聞きしました。

先生の診療所は普通のマンション。畳の上にセンベイ布団。その上に座らされて腰の歪みを観察されます。そして、横になり、体を横にして先生が腰骨を思い切りひねって「ボキボキッ!」とやる。更に反対向きになり「ボキボキ!」。

「はい、じゃあ立ってごらん」と先生。

私は立って驚きました。腰の痛みが嘘のようになくなっているのです。

心底感動しました。左足の痺れは取れませんが、それより何より何事もなかったかのように腰が軽い。痛みがない。本当に救われたと思いました。

先生はそのあと、私の首の骨が曲がっている、というのです。

そして首の左側部の一点を指で押して、「ここが痛くないか」と聞くのです。

そんなところが痛いとは知りませんでした。確かに「痛いです」と答えました。

先生は今度は私の頭を押さえて右に左に「ボキボキッ!」。

さあ、これでどう?といって先生が先ほどと同じところを押すのですが、今度は痛くない。

「これでもう大丈夫だから。」という先生に感謝で頭の上がらない思いです。

私は子供の頃首を捻挫して以来首が少し右に傾いており、写真に写ると本人は真っ直ぐのつもりです、首がいつも右に傾いているので、とても嫌でした。

先生に施術をしてもらって以来、写真に写っても首が真っ直ぐになっています。

「もし何年かしてまた痛くなるようだったら、またおいで。」と言っていただき嬉しかったことを覚えています。

その先生は5年前に肺がんになり、引退されてしまわれました。

ですから残念ながら、皆様にお知らせできるのは、この久保先生の連絡先ではありません。

しかし、ご安心下さい。

ちゃんと方法はあります。

もう暫く私の話にお付き合い下さい。

私は大学を卒業後、就職ということに魅力を感じずに1年半程給食センターで配達のアルバイトをしていました。当時の自給で650円。それでも一人暮らしには足るお金を得ていました。配達は肉体労働です。しかも1日1000食以上出る給食センターでしたので、私の分担で200個近い配達。それを10時過ぎに出荷して12時前には届け終わらないとクレームになります。だから配達用のライトワゴンを制限速度無視時には信号無視で突っ走り、おかげで暴走族に追っかけられたり(それを同じ配達仲間の暴走族の兄ちゃんが追っ払ってくれたり)、弁当1個1個運んではいられないので、弁当8個入り発砲スチロールの箱を、多いときで一度に3箱抱えて積み下ろししてゆきます。

おかげで上腕二頭筋、上腕筋、腕橈骨筋は太くなりカッチカチです。

そのアルバイトの休憩中、仲間とふざけて道端でハイジャンプして着地した時に腰をひねってしまいました。腰の捻挫です。もともと過激な肉体労働で腰を弱めていたのかも分かりません。病院にも行かず、バイトも休めないので、次の日も捻挫の痛みにこらえてアルバイトを続けました。1週間ほど痛みをこらえながら重い荷物を運ぶ毎日でしたが、それを過ぎると痛みが和らいできました。そして腰の痛みのことなど忘れてゆきました。

その後私に彼女が出来、やがて結婚を意識するようになって、アルバイトを辞め、当時東京の三田(慶応大学近く)にあった、コンピューターの販売会社に就職します。

しかし、その頃から、特に理由もなく腰が痛むようになりました。

時にはひどく痛くなったり、そうでなくとも、何となくはいつも左の腰のところがジクジク痛む。それからずっと20年間、私は妻と腰痛とを共にめとってしまいました。

すっかり持病となり、最後は椎間板症と診断を受け、そのたった1ケ月後に椎間板ヘルニアの発症です。

そのようにして長年腰痛と連れ添ってきた訳ですから、おいそれと完治するものではないと思っています。

久保先生のおかげで最悪の状況は回避できました。

ヘルニアと診断されて以来、病院にも行っておりません。

ただ、長年の患いによって、靭帯なども弱っています。また、骨が劣化しているのも変わりはないでしょう。

久保先生に診てもらってから3年ほどは絶好調だった腰ですが、それから時々また痛むようになってきました。それがかなり痛み出したとき(ヘルニア発症の時と比べればヘでもないのですが)、久保先生に電話すると、代理の方が出て、先生は入院中のため診られません、とのことでした。後で肺がんだと知りました。

困ったなあ、と思いました。久保先生に施術してもらえば、また3年は腰は安泰だと思っていたのに。

とうとう痛みで仕事を休んでいる時に、当時私が勤めていた会社の社長が、「以前ある集まりで、気功で腰を治す先生がいたのを思い出した」といってその先生の連絡先を調べて下さいました。早速その先生に電話をした所、静岡にお住まいの方ですが、「今日はたまたま自宅にいた。あなたは運がいい。」と言われました。いつもは日本全国の講演などに呼ばれたり、個人の治療に招かれたりで、ほとんど自宅にはいらっしゃらない方なのです。

このチャンスを逃せるはずもなし。

電話したその日に私は、静岡まで先生に会いに行きました。

先生との待ち合わせ場所へ。そこで初めて先生と対面。

当時は御歳73歳。5年前です。とてもご老人には見えない、タフで健康なお人なのです。

元々学校の先生をやってらした方で、引退後独自の健康技術を開発し、その独特の施術法を広めるべく全国行脚をされておられます。「とりあえず100歳まで生きる」をスローガンにされていますが、正に私から見て、先生は事故でもない限り100歳は楽勝なのでは?という風に見えます。

そうそう、情報によると先生は「気功で」ということになっていましたが、気功ではありませんでした。

先生は待ち合わせ場所の近くの酒屋さんの2回に、するすると入って行かれ、私は後に従いました。2回の座敷には、90歳のおばあちゃんと、その娘さんが待っていました。

先生は、「今からこの人をちょっと治療するので見てて下さい」と仰り、何をされるのか、その時私はまだ先生を気功の人だと思っていたので、初めて目にする気功、というものに期待してわくわくして見ておりました。

ところが見たのはそんなオカルトなものではなく、老女の足をつかんで、イチ、ニ、サン、と引っ張るだけ。???何が起こっているのか良く分かりません。

お婆ちゃんはその後立ってトコトコ早足で歩いてミシンで繕い物を始めました。

その娘さんが言うことには、お婆ちゃんはお歳のせいで足腰が悪くなり、階段の上り下りができなかった。先生に来てもらってからは今では手すりさえ持たずに階段を使えるようになった、とのことでした。

「だからあなたの腰なんてすぐ治るよ、心配ない。さあ、ちょっとうつぶせになりなさい。」

久保先生のものとは違っていました。ボキッという音もしないし、力も入っていない。

左右の足を上げたり引いたりするだけ。ものの10秒で終わり。

「どう?」と言われて立ち上がると、久保先生の時と同様。腰のどこが痛かったっけな、という位痛みが消し飛んでしまっている。

このやり方は自分でもできるから、あなた、覚えて帰りなさいよ、と先生。

そのやり方を教わったのです。そりゃあもう、二度とないチャンスかも知れないので、記憶力の全てをフル活動させて、一つも覚え違いがないようにと、真剣に聞きました。

そして新幹線での帰りしな、必死で覚えたことをノートに書き写しました。

その時先生は腰痛の治し方だけでなく、膝を悪くした老人の治し方も教えてくれたのです。

以来私は自分の腰を心配する必要がなくなりました。

万一痛みが復活するようでも、ちょちょいで治せてしまう。

これを覚えてからの私は、周りの人に腰痛の人がいると同じ施術をして治しています。

ヘルニア、ギックリ腰の人も面白いくらいに効く。

即効性があるのです。

今まで100人以上の方に施術してきましたが、効果がなかったケースは原因が明らかでした。その方は腎臓を初め、内臓の疾患から来る腰の痛みを訴えていたのです。

骨の歪みは関係ありませんでした。

このような方は瞬時の施術では腰痛は治りません。

それは正にウォークマットや官足法グッズの得意分野です。

ただ、完治には少々時間もかかりますが、一度治れば、長期的に健康維持できるのがこの足裏マッサージ・血液循環療法の最大の長所です。

自分はどちらのタイプの腰痛なのか。それを見極めることが先決です。

もしウォークマットを踏んだり、自分で棒などで足の裏を強くもんで痛みが走れば、いずれにしてもあなたの内臓はガタが来ています。腰痛とも関係がある可能性があります。

このホームページで関係項目のページを読んで参考になさって下さい。

静岡の先生とは、その後東京で5回も会い、腰と膝以外にもいろいろな病気の治し方の技術をお持ちであることが分かりました。最後は島根の隠岐の島というところに、お年寄りを集めて健康セミナーをやる、ということで、先生と3日間ずっと同行させていただき、施術の様子を仔細漏らさずビデオに撮影もさせていただきました。

今回は私の体験談中心に長々と失礼致しました。

まず、腰痛でお悩みの方に希望を持っていただきたく、このような形での手記を発表させていただきました。

先生はプライベートで活動されていらっしゃる方なので、今のところ連絡先などは公表できません。お手数ですが、強く関心をお持ちになった方は、店長メールを通してご相談いただければと思います。

また、官足法や食養の面からの腰痛治療法もありますが、こちらは別途次の機会にご説明させていただきます。宜しくお願いします。

気管支炎・喘息

気管支炎・喘息の治療法のご紹介

私は喘息一歩手前の気管支炎でした。年に2回はひどい気管支炎を起こしていました。

ほとんどは風邪が引き金になって起こるようでしたが、風邪の引き始めもまず咽喉の痛みから始まり、咳が出始めて発熱、というパターンが多かったので、もともと咽喉や気管が弱かったのでしょう。扁桃腺もよく腫らしていました。

他の治療法でもご紹介していますが、私がウォークマットを踏むようになって約4ケ月で、花粉症をはじめ、それまで長年苦しんできた持病がことごとく治っていったのですが、なかなか成果がでなかった病気が、この気管支炎でした。2年もウォークマットを踏んでいるのに気管支炎が治らない。足の裏に痛い部分などどこにもない。なのに気管支炎だけ。

どうしてか、不思議に思っていました。

しかし、官足法の治療法を一度しっかり見返してみると、簡単に答えが見つかりました。

私はウォークマットを踏むだけで簡単に諸病が治っていったので、勝手にそれだけで良いと思い込んでいたのです。

その時私は気管支炎の真最中。営業職なのですが、とにかく電話をとって話し始めると声を出す前に咳が出る。「済みません」とことわって話し始めるとすぐまた咳が出る。客先でも同じで、重要な話になっている時など、非常に困りました。

おそばや湯気の出る食べ物は咳をしながら食べることになるので、食べないようにします。

しかし、いちばん辛いのは、夜布団に入って胸のあたりが暖まってくると、咳が出始めます。そうなると暫く止まりません。眠りについてからも夜中に咳で目が覚めることもしょっちゅうです。寝れないので体調を崩して、ますます治りが遅くなり、最低1ケ月はその状態が続き、何とかもとに戻るのに3ケ月はかかっていました。

本当に嫌な病気でした。

調べてみてウォークマットで足りなかったこと。それは、足の甲にある胸部リンパ、咽喉と気管の反射区が集中する、足の親指と人差し指の骨の間の部分を揉むことでした。

足の甲と足の側面はウォークマットでマッサージができません。

これに気付いてすぐ、グリグリ棒で反射区を触ると、脳みそにキーンとくるほどの痛み。

やっぱこれだわ、と実感し、棒で強くしごき始めると、これがもう、気絶しそうな程痛い。

他の反射区と違い、どうもリンパ系は脳に刺してくるような痛みを感じるようです。

顔をしかめて真っ赤にしながら、気絶に耐え、毎日左右のリンパの反射区を30秒づつ。

死にものぐるいでしごいて刺激したところ、ちょうど7日目の1週間後に、ピタッと痛みがなくなりました。

そして私が反射区マッサージの神秘を本気で感じた瞬間です。

反射区の痛みがなくなると全く同時に、気管支炎も症状が消えたのです。

本当なら3ケ月はひきずるのが普通なのに、その時は3週間で消えました。マッサージを始めてたったの1週間後でした。

以降、5年以上経ちますが、気管支炎は1度も発生しません。

気管支炎は「肺と気管支」の反射区、「副甲状腺」「副腎」の反射区、「リンパ腺」のそれぞれの反射区をマッサージすることが、官足法でのセオリーです。

私の体験では、「肺と気管支」、「副腎」は既にウォークマットで十分柔らかくなっている状態。足の側部にある「副甲状腺」は、花粉症の治療のためにそこは手を使って良くマッサージをしていた実績がありました。「リンパ腺」だけが手落ちになっていたのです。

喘息ともなると、プラスして腎臓、輸尿管、膀胱の反射区を痛みがなくなるまでマッサージしておかなくてはなりません。気管支炎よりも治療には時間がかかります。

しかし、根気良く続ければ治ります。是非頑張ってマッサージを続けて下さい。

咳はまた昔から、レンコンをおろして食べると良いとされています。

胸や咽喉に直接湿布をする、という方法もあるそうですが、私は試していません。

ただ、良いとされている「芋パスタ」と「ビワの葉シップ」については他の症状で体験してその効果に驚いたことがあります。

また別の形でご紹介できたら、と思います。

ご不明の点などございましたら、店長メールまでお寄せ下さい。

痔疾

痔の治療法のご紹介

痔というのも、水虫と同様、ちょっと人に言うのは躊躇する病気ですね。

店長も何を隠そう20年近くこの「痔」とつきあってきました。

とにかく、トイレが怖い。おしっこの時以外は(笑)

痔といっても色々な種類があり、脱肛、切れ痔、いぼ痔、穴痔というのが、よく耳にする病名。店長のは裂肛、いわゆる切れ痔でした。

汚い話ですが、肛門の中にいつまでも治らない傷があるようなもんで、元気良く快便などしようものなら、傷が裂けてすぐに出血する。だから、いつも肛門をすぼめて恐る恐るちょっとづつ排便するのが習慣。

すると当分ヒリヒリと痛いし、そのうち血が乾くのか、今度は粘膜がくっついて歩くたびに引っ張られるように痛い。もう、最低の病気だ。

ボラギノールという軟膏が常備薬で、いつも鞄に忍ばせている。更に、座薬も常備。

トイレのたびに塗るのが習慣になっている。

ちょっとしばらく調子が良い時もあって、ある日健康診断を受けるために、検便用の採取をするのに、用を足して、見ると便器が血まみれ。痛みはなくても出血はしていたことに気付く、なんてこともありました。

当然のように、健康診断の結果では、便に潜血反応、精密検査を要す、などど書かれる。

医師の問診では、検査を受けるべきだ、腸内に腫瘍ということもありえる、お尻からカメラを入れるので、前日は食事をせず、腸内をカラにしておかなくてはならない、などとアドバイスを受ける。これは「痔」の出血であると私は勝手に確信を持っていたので、腸の検査はいつもスルーしていました。

このサイトで紹介する官足法では、直腸、直腸筋、腎臓、輸尿管、膀胱、副腎の反射区を揉むのが痔の治し方であるが、どうも店長の場合は、なかなか改善が見られない。

根気が足りないというのもあるし、毎晩酒を常用するために、効きが遅いというのがどうやら原因のようだ。

そもそも痔のある人は、胃腸の弱っている人に多いようだ。

昔から、乳腺炎やねんざ、痔疾には芋パスタが効くとされています。

という情報を得て、店長が試したのは、ガーゼに芋パスタを包んで、サージカルテープで患部に直に貼り付けて一晩寝るという方法。

その時はもう相当痔がひどい状態で、毎日嫌気が差してた。

トイレに行きたくない、硬い便を出したくないのでとにかくおかゆとかうどんとか、根拠はないけれども、柔らかそうなものしか食べない。量も遠慮する。するとおなかがすくので、みそおでんとか、噛まずに飲み込んで、つるっと出ることを期待する、みたいな訳の分からない食生活をしていました。

それくらい、もう痛くて、肛門が。

芋パスタは単純に、だめもと、っていう感じでした。

長年の痔がそんなに簡単に治る訳はないと思っていましたから、まあ、少しでも楽になればラッキー、だというくらいの感じでした。

朝起きて、カチカチになった芋パスタのガーゼを剥がして、トイレに行きました。

いつものように、怖くて怖くて、肛門をすぼめるようにして少しづつの排便を試みる。

おとぎ話ではないんですが、するとどうでしょう、何の違和感も痛みもなく、するっと通ってくれるではありませんか。その時の驚きと喜びは表現しようもないほど。

私にとってはありえない奇跡を感じた瞬間でした。

おそらく人によって、あるいは症状によって、いろんな条件によっても違ってくるとは思うのですが、たった一晩で20年間悩んできた痔疾から開放されることになるとは、誰が信じられますか?

私の痔はそれがきっかけで消えてしまいました。

いまでも不思議な体験ですが、すくなくとも私は痔の恐怖から開放されて嬉しかったです。

私のところには、痔の悩みで相談を受けたことがないので、他の方にも同様に有効かどうか、証明する事例はありません。

しかし、もし本気でお悩みの方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

副作用もない、自然の食品だけで作る芋パスタですので、お勧めしておきます。

もし試して私と同様の喜びを得られた方は、是非ご一報下さい。

喜びを分かち合いましょう。

芋パスタの作り方は、皮をむいた里芋1に小麦粉1、その10分の1程の生姜を擦ったものを混ぜてクリーム状にしたものを言います。

より詳しく知りたい方は、店長メールあてお問い合わせ下さい。

胃腸の悪い方へのアドバイス

胃腸が弱った時の治療法

胃腸の病気は、胃と腸の反射区を揉むことで良くなります。

ひどいものはリンパ腺の反射区も追加。

ただ、基本は足の裏を中心に足全体を良くもみほぐし、硬いところや痛いところを残さないのが絶対に基本です。

他を触らないで、胃の反射区だけを揉んでも効果は遅いです。

また、食事や生活、ストレスの過小、アルコールや刺激のある食品の摂取の多少によっても胃腸の状態は変化してゆきますので、日々のケアが必要です。

毎日ウォークマットを15分あるいは、隔日でも良いから、踏むときは15分以上踏むように心がけて下さい。

ウォークマットを使わないで、官足棒、グリグリ棒、あるいは100円ショップの棒でも指でも何でも良いのですが、店長の経験では、足の裏に関しては、痛い部分をつい加減してしまうので、加減しにくいウォークマットを推薦する理由です。

胃の反射区は足の内側側面にあるので、ウォークマットを使うときは、少しコツが必要ですが、慣れればちゃんと効くように踏むことができます。

店長は中学生時代に小説を書いたり、詩を書いたりするのが好きになり、読書も好きで月に4〜5冊は読んでいました。それをするのはいつも夜中。みんなが寝静まり、空気が落ち着いてくると、そういった活動をするのにものすごく良い環境ができるので、朝学校に行くまで貫徹をする。徹夜をすると当然眠くなるので、コーヒーを飲む。コーヒーも初めのうちは睡魔に効くのですが、じきに効かなくなる。インスントコーヒーの粉を段々増やしてゆくようになり、一晩で何回も飲む。最後はカップいっぱいのコーヒー粉にわずかのお湯を注いで、ヘドロみたいな苦いものを、無理やり飲み込んで、そんなことをしてまで、当時は時間を作りたい、魅力的な趣味だったのです。当時は。

しかし、そこまでしても、睡魔に対しての効き目が薄れてきた。

それで、当時「カーフェ」とかいう、カフェインで作られた錠剤とか、名前は忘れましたが、アンプルに入った液剤を薬局で買ってきて飲んでいました。これがまた暫く効いていたのですが、やはり徐々に効果が薄れてきて、今度はその個数、本数を増やしてゆく、みたいなことを1年ばかり続けていました。

貫徹が続くと脳内麻薬みたいなものが出るような気がします。根拠はありませんが。

ある時間から急にインスピレーションみたいなものが沸きあふれてきて、自分の創作したものが、ものすごく素晴らしいものに見えてくる。

あとで見るとたいしたもんではないのですが。

その状態が暫く続いたあと、今度は耐えられない程の睡魔。

そこを耐えて徹夜してそのまま学校へ。

日中はぼーっとして自分の体が自分のものじゃないような、ハイな状態だったり、ひたすら睡魔に襲われたり、まあ、無茶をしたものです。

それでもなぜか中学時代は成績が良かったので、奇跡的です。

高校生になる直前に、完璧に胃をこわしてしまいました。

毎日襲ってくるひどい胃痛。

病院に行って胃薬をもらい、足りなければ市販の胃薬、正露丸など欠かせなくなりました。

食事も、コーヒーはもちろん、カレーライスなどの刺激の強いもの、また甘いものでも胃が痛むようになります。かといって食事を避けていると今度は胃液でやられます。胃が痛み、次いで何も食べていないのに胃が膨らんだような膨満感に悩みます。

結局、高校の3年間、プラス浪人時代も含めた大学3年までの3年間、計6年間、コーヒーというものは一切飲めませんでした。好きなカレーなどは時おり食べていましたが、即胃薬のお世話になります。

大学3年の時に、喫茶店の店員のアルバイトをしている時に、休憩時間に店長がコーヒーをいれてくれたのですが、それを断りきれずに飲んでしまいました。

その時、胃の痛みがなかったので、ようやく6年の胃痛から開放されたと感じました。

しかし、その後も私の胃腸は弱く、何かあるとすぐに痛くなるので、胃腸薬は常に持ちあるく習慣が、大学卒業後も25年ほど続きました。

ウォークマットに出会い、踏むようになって、私の胃腸はそれまでのことが嘘のように健康になりました。踏み初めは足の裏に耐え難いほどの痛みがあり、どうにか踏めるようになってからも、胃、膵臓、十二指腸の反射区は足の側面にあるので、後から揉み始めたのですが、これがまた、気分が悪くなるほど痛い。なんだかんだと頑張って揉んでいるうちに、すっかり反射区の痛みが取れてからは、もう7年ほど胃薬は飲んだことがありません。

私店長は酒好きで、酒を欠かしたことがないですし、激辛ものが大好きで、LEEの夏期限定30倍カレー、とか、刺身にたっぷりのわさびをつけて食べたり良くしますが、有難いことに、胃痛とは今のところは無縁状態です。仕事上のストレスも長く続いていたのですが、それも大丈夫です。

ウォークマットに出会って本当に良かったと思います。

ただ、腸の方は、深酒などにより、時おり調子を崩すことはあります。

便が緩くなったり、日に何度もトイレに入ったりするハメになります。

この時に即効で整腸してくれる宝物があります。

それは「梅肉エキス」です。

メーカーによるのかも分かりませんが、私が使っているメーカーのものは、スプーン一杯の梅肉エキスをお湯に溶かして飲むだけで、終わり。

こんな不摂生してそれだけでいいのかよ、というくらい効いて、申し訳ないくらいです。

店長は年に2〜3回エキスのお世話になります。

毎日胃薬を服用していた頃を思うと、嘘のようです。

薬代もかかりませんし。

ていうことで、自然食の王様「梅肉エキス」を最後にご紹介して一旦このコーナーを終わらせていただきます。

頭痛に関して

頭痛でお悩みの方へ

頭痛は頭痛薬を飲めば大体簡単に治まりますね。

だから、薬に頼れるので、痛くなったら飲めばいいや、くらいの感覚ですから、切羽詰るほどの問題ではないでしょう。

しかし、月に2度も3度も頭痛に見舞われるのは決して有難くはないでしょう。

店長のかつての常備薬は「バッファリン」。別にメーカーの宣伝をするつもりはありませんが、頭痛の常習者だった私はバッファリンを肌身離さず持ち歩いていました。

仕事中でも旅行中でも欠かせない。それと鼻炎用の錠剤「ストナリニ」と胃薬と、痔の薬「ボラギノール」。携帯用の小物入れに必ずセットして、私専用の「富山の薬箱」を常に持ち歩いていました。

そもそも何で頭痛なるものが発生するのか、良くは分かりませんが、そのメカニズムを研究して、頭痛をなくす薬を開発した先代の方たちに敬意を表さざるを得ません。

私は随分お世話になりました。

薬がなかったら、と思うと実際ぞっとします。

あの頭痛の痛みだけは、放っておくとどんどんどんどん強力になりますから。

横になって治すなんて言っても、痛くて眠れないんですから。

官足法で言えば、足の親指が人の脳みその全てに関わっている訳ですから、このあたりを裏も表も横も前後も、全てをまんべんなくグリグリと揉んでやると、そのうちこの頭痛というものからは開放されます。

といっても、ストレスや睡眠不足、疲労、食生活など様々な要素が絡んで頭痛の原因となるようですから、メンタル面と生活面での自主努力は必要だと思います。

難しいでしょうが、前向きに自分らしく生きれるような努力が必要な気がします。

あとは、以前ビワの葉温灸セットの販売員から聞いた話です。

販売員を、説明会などを行いながら仕事として続けられていた方でしたが、実際の効力については自らは特に信じている訳ではなかったのです。

しかし、ある日地方の出張先のホテルで、強烈な頭痛に見舞われて、その時は深夜も過ぎて近くに店もない、という状況でした。

そこで、もう仕方なく、ビワの葉温灸セットの用品として鞄に入れていたビワの葉を、なかばやけくそで頭に数枚巻きつけてタオルで固定し、横になったそうです。暫くは頭痛で眠れなかったそうですが、徐々に頭痛は治まり、朝にはすっかり回復していたそうです。

それ以来、ビワの葉の効果を見直したそうです。

こめかみに梅干を貼り付ける、大根おろしを額に貼り付ける、というのも頭痛に効くと昔から言われています。

自然は特効薬の宝庫だと私は思います。

いずれにしても頭痛は普段の生活の中に原因があると思います。

私はいつも寝不足とストレス、あとあるとしたら深酒、に原因があったと思っています。

おかげさまで私はウォークマットを踏むようになってからは、相変わらずの寝不足とストレス、深酒も状況は変わりませんでしたが、なぜか頭痛は全く起こらなくなりました。

ダイエットについて考える

ダイエットについて

今の女性の方は不思議なことですが、十分に痩せて見えるのに、ダイエットしている方が多くいらっしゃる。そう見えないかもしれないけどお腹のあたりが、とか、お尻が、とか。

部分痩せなどという言葉、昔はなかったし、メタボなんて言葉もごく最近言われるようになった。それだけダイエットに興味がある人が増えたのと、テレビなどのメディアで取り上げられることが多くなり、有名タレントの誰々が痩せた、ということでそのダイエット法がすぐに流行する。グルメ番組や大食い番組が氾濫しながら、ダイエットが流行る。

できれば好きなものを食べながら、楽に痩せたい、ということでしょうか。

店長が何となく記憶しているだけでも、バナナ、ゆで卵、牛肉、寒天、納豆、キャベツ、プロテイン、マイクロダイエット、コアリズム、「食べたものを記録するだけで痩せてゆく」なんてものまでありますね。

またまた店長の話で恐縮ですが、若い頃は身長168cm、体重60kgで理想体重より少し多めですが、肉体労働的なアルバイトを良くしていたせいか、体に筋肉が多かったので、脂肪はあまりついていませんでした。身長の伸びが止まった高校時代から27歳くらいまで、ずっと一定して60kgでした。その頃は結構大食いで、こってり大好き人間でしたのに、太ることとは縁がありませんでした。

自分が太ることなど考えたこともなかったのですが、30歳前くらいから、お酒が習慣になり、たぶん運動不足の上、新陳代謝も衰えてきたせいで、いつの間にやら70kgに。

ある時自分が写った写真を見て、かなりショックを受け、にわかに当時のダイエット料理本とか、インシュリンダイエット法とかを読み漁り、妻が最初の子の出産で里帰りをしたのを期に、3ケ月間徹底してダイエット料理を自炊して、それでもお腹が空いたらひたすらリンゴを食べてお腹を満たしていました。結果、子供と妻が帰って来たときにはもとの60kgに戻っていました。

でも暫くはその体重を維持できるのですが、酒好きが災いしたのか、酒と一緒につまみに手を出すのが悪いのか、あるいは日中にこってり食べるせいなのか、結局また2年かけてもとの体重に。

自炊でないと、自分の好きに食事ができにくくなるので、毎日ダイエット料理やリンゴを食べて過ごす、という方法が難しくなります。

そこで、大衆雑誌の後ろの方によく載っている、「飲むだけで見る見る痩せる」的な薬を買って暫く飲んでみたり、B○○○が流行ったら、値段も高いのに買って飲んでみたりしましたが、はっきり言って何の効果もなし。

日本の大手メーカーが製造した薬局でちゃんと販売されているダイエット医薬品もいくつか試してみましたが、変化なし。人によって違うのかも知れませんが、私はいくら続けても100%変化なしでした。

あとはカロリーゼロで、お腹の中で膨らんで満腹感が得られる、といった種の食品も試してみましたが、確かにこれを続ければ痩せるのでしょうが、なんせ食事が味気ない、一食あたりのコストが高すぎる。この方法は切羽詰ってからの最終手段だと思いました。もう少し自分で努力するつもりがあれば、コストもかけずに、それなりにおいしく食べて痩せられるんですから。

そうこうしているうちに二子の誕生で、再び妻が里帰り出産。またまた家では一人に。

で、またまた前回行ったダイエット料理とリンゴを思い出して、全く同じ方法で3ケ月で元の体重まで痩せることはできました。結局私の場合2年強でリバウンドしてしまうのですが。

その後50歳になるまで、短期ダイエットしてはゆっくりリバウンド、短期ダイエットしては2〜3年かけてリバウンドという繰り返し。

自分を痩せさせる方法は分かっているが、とにかく面倒くさい、3ケ月で10kg痩せることはできるが、結局2年でリバウンド。なぜなんだろうと考えてみて、すぐに思い当たるのが、年齢による新陳代謝の衰えと運動不足。運動の方は努力の余地があるとしても、今まで分かっていてできなかったのだから、望みは薄い。よって新陳代謝の向上も期待できない。

で、もう一つ思い当たったこと。それは、私の食事量。若い頃から私は食事を量で満足するタイプで、食べ放題ランチなども大好きで、そういう所で食べると、普段の2倍以上腹に入る。そんな太った胃袋が悪いのではないかと。

ダイエット中は低カロリーダイエット料理とリンゴやみそ田楽で十分満腹になるまで食べて痩せているのですから、やめた途端に、同じ量の高カロリーの食べ物を胃袋に入れる訳ですから、太ります。

当たり前ですね。

それで50歳になった時に、私はあえて苦しいダイエットに挑戦しました。

食事の量を減らして胃袋を小さくする。

これはかなり苦しい方法でした。

毎日以下のルールを守って徹底的に続けました。

朝の食事、おにぎり1個

昼の食事、おにぎり1個、もしくは2

夜の食事、ご飯は極力食べずにおかずやつまみ中心

     その代わりお酒は無制限とする

私の実感では、お酒はいくら飲んでも食べなければ太らない気がします。

私の場合通常は、350ccの缶ビール3〜4本の後、ワインならボトル1本、焼酎なら濃い目の水割りで5〜6杯は毎日飲みます。単純にカロリー計算すると絶対太るように思いますが、アルコールはどうもその場で燃焼しているような感じがあって、実際私の場合、一緒になにやかやと食べさえしなければ太りません。

で、話をもとに戻しますと、このおにぎりダイエット(?)は始めてから半年以上かかりました。10kg痩せるのに。

しかも働いている日中は、空腹と、食べたいものへの誘惑との戦いです。

とにかく仕事に打ち込んで忘れる。

それが私が最終的に取った、苦行的なダイエット方法です。

それで痩せてからは、朝、昼、夜はずっと普通の食事を続けていますが、既に2年経った今でも体重は60kgの若いときそのままをキープ中です。

若いときと同じ、と言っても、筋肉が減った分は脂肪は多目かも分かりませんが。

でも体は凄く軽いので、階段など駆け上っても息が上がらなくなりました。

普通の食事、と言いましたが、量は以前と比べると半分くらいに減っていると思います。

なぜなら、以前の半分の食事でお腹が一杯になるからです。

医学的な根拠を調べてみたいところですが、まだ分かっていません。

半年以上空腹をしのぐ戦いの結果、胃袋が縮んだ、もしくは胃袋が拡張しなくなった、としか考えられません。いずれにしても少量で満腹感を得られることで、ダイエットしなくて済みそうです。

胃袋に風船を入れてダイエットする医術があります。まあ、人気タレントさんのギャル曽根さんは風船を入れても胃袋の方が広がっちゃうようですから無駄ですが。しかもあの方は10人前食べて太らないのですから、羨ましい体質です。食費さえ折り合えば、ですが。

風船を入れなくとも、胃袋が小さければいいわけです。胃袋が拡張しなければ余り入りません。ということで、私のケースで恐縮ですが、ようやくリバウンドしなくなり、助かりました。

ちなみに私はこってり系の食べ物が今でも大好きですが、甘いものはほとんど食べません。ジュース類は一切飲みません。苦手なので。努力ではなくて。

ダイエットの方は、ここを我慢するのが辛いでしょうから、もう一レベル難しい努力が必要になってしまうでしょうか。ノンカロリーの甘味料などを上手に使って頑張って下さい。

ちなみに、極端なダイエット法は健康を崩してしまう恐れがあるので、なるべくはバランス良く食べて痩せる方が良いと思います。

1日中、油を使わない子牛の肉料理のみを食べ続ければ痩せれます。

お医者さんも、それで痩せることは認めます。でも方法としては禁止しているのです。

また、ゆで卵だけを好きなだけ毎日食べれば痩せれます。

でも、健康と引き換えになる恐れがあります。

それに、長くは続けられないでしょう。

それくらいなら、食事制限の方が楽で健康的です。

慣れれば楽になりますから。

人間の体は育ち盛りを過ぎれば、1日1食で十分健康に生きていけるようになっています。

むしろ食事による内臓の負担が減る、ということを考えれば、1日3食食べる人より健康だと言えます。同時に、良く噛んで食べる、はやはり昔から言われてますが、健康の基本です。内臓の負担が減ると同時に、唾液に含まれる殺菌効果が、食べ物を十分きれいにして胃袋に送ることができます。

実際1日1食の生活を長く送っていらっしゃる方を数名知っておりますが、その方たちはいずれも寝る間もないくらいお忙しい方たちなのですが、病気一つなく超健康です。

私にはちょっと真似できませんが。

私の結論ですが、ダイエットは食事制限しかなく、近道はない、ということです。

一時期ぐっと我慢して、それに慣れたら、あとが楽だと思います。

同じ努力ができるのなら、健康にも良く、リバウンドしないダイエットを充分研究してから始めていただければと思います。

癌の治療法のご紹介1

この話題は色々と気をつかって話さなくてはなりません。

命に密着していることですから。

安易に「このやり方で治るからやりなさい」というのは正直恐ろしいことです。

例えば私、店長自身のことなら、あるいは店長の家族であれば、親戚であれば、私が責任を持って、それこそ私の命に代えても実行する治療法があります。

病院には一切行かせません。抗癌剤も手術も受けさせません。

行かせるのは、治療法を始めてから2ケ月か3ケ月後。癌が消滅したか、影が薄くなったかをレントゲンで確認させるため、ただそれだけのためです。

しかし、皆様の中に、本当に癌にかかってこのページをご覧いただいているとしたら、安易にかかることはやめて下さるよう、お願いします。

癌発見から1週間で亡くなる方も実際にはいらっしゃいます。

不安を与えてしまって心よりお詫びします。

が、医療に頼らない癌退治は、生ぬるい決意では間に合わなくなる可能性があることはどうしてもお伝えしておかなくてはなりません。

進行性の癌だった場合、癌の進行に勝るには死に物狂いの全力疾走をしなくてはなりません。

完全武装の殺し屋に追っかけられていることを想像して下さい。

武器を持ってないために殺し屋につかまった人は全力疾走で逃げながら、助けてくれる人を見つけるしかないのです。

人間はの体の中には、人間の生命を脅かす外敵から、しっかり防衛をしてくれる、武装した防衛部隊が元々存在しています。

「ヘルパーT細胞」という名前を聞いたことがありますか?

これは体を外敵から守っている、免疫セクションの司令官です。

リンパ球には色々な種類があり、それぞれ役割を持っています。

「B細胞」は敵捕獲部隊です。

自家製の捕獲用の網(タンパク質)で、見つけた敵を捕獲します。

この網がいわゆる「抗体」と呼ばれているものです。

「キラーT細胞」は敵の処刑係です。

B細胞が捕獲した敵を処刑します。

また、敵に乗っ取られた細胞(感染細胞)にバーフォリンという、たんぱく質でできたミサイルを撃ち込んで、細胞ごと敵を破壊します。

B細胞もキラーT細胞も、ヘルパーT細胞の指令を受けてから増殖します。

普段から血中にたくさん潜んでいる訳ではありません。

増殖して敵を壊滅してしまえば、ほとんどが自然消滅してしまいます。

ただ、ほんの一部が、今戦った敵のことを記憶して、次回の同じ敵との戦闘に備えるメモリーB細胞、メモリーキラーT細胞として残ります。

ヘルパーT細胞は人間が生まれてから生きてきた期間に遭遇した敵の全てを記憶しています。

敵の弱点や性格を的確に判断して、攻撃プログラムを組むのです。

それがB細胞とキラーT細胞に指令として伝わり、彼らが実践部隊として活躍します。

このようなことが自分の体内で、知らないうちに行われているのです。

自分の意思とは何の関係もなく密かに行われています。

恐るべき自然の計らいによって人間は守られている、とそう感じてしまいます。

人間は神によって生かされている、というのは非科学的な話ではないような気がします。

でなければ、誰がこんなことをしているのでしょうか?

さて、癌にかかる人、というのは、このヘルパーT細胞司令官が減少してしまった人、ということになります。

人間は、自然の摂理に順応した生き方をしていれば、病気にならないようになっています。

正しい食事、規則正しい生活、前向きな生き方、ストレスの少ない生き方、適度な運動により体をいつも活性化して生きること、等など。心のあり方も大きな要素です。

暗く、歪んだ、ネガティブ思考での生き方をして健康な訳がありません。

生まれもっての体質(遺伝)とう要素もこれに加わりますから、不幸にして遺伝的に癌になりやすい体質の方は、早めにそのことに気付いて、体質を変えていかなくてはなりません。

ヘルパーT細胞の経験値と強さと十分な人数がその人の生命線です。

若い内は大概の人は十分な防衛能力を体内に保有しています。

防衛部隊が敵に負けたら、風邪ひとつ引いても生きて生還していません。

病気になっても回復して生きているのはこの防衛部隊が最終的には常に勝利してきたからに他なりません。強い常勝軍団を体内に常駐させているのです。

この部隊が、年齢と共に衰えていきます。

彼らも同時に若さを失ってゆくのです。

人によっては実際の年齢より老けてしまうこともあります。

部隊の人数も減ってゆきます。

部隊の防衛力を敵の侵略力が勝るとき。

それは死を意味します。

癌が進行すること。

そのものです。

進行が止まっている状態は、まだ防衛部隊が何とか敵と互角に戦えているが、優勢ではない、という状態です。これははっきり言って、勝利のチャンスです。

援軍部隊を早めに投入できる時間が与えられたからです。

進行する時は敗戦が近づいています。

全力で逃げながら援軍を待つしかありません。

時間切れもありうる、だから、安易に助けられる、と保証してはいけないのです。

官足法で初期の癌から生還した方はたくさんいらっしゃいます。

末期癌からの生還者もいます。

生還できなかった人も残念ながらいらっしゃいます。

そのことを分かっていただいた上で、いかに記す対処法を参考になさっていただければ、と思います。選択は貴方自身でなさって下さい。

癌を殺す細胞は役割分担して活動していますが、基本はリンパ球である、と前述しました。

他の項も読んでいただいた方はお分かりかも分かりませんが、リンパ球という小さな物体が健全に活動するためには、正しくきれいな血液の循環が必要です。

細胞の隅々にまで、リンパ球が見回りに行けていなくてはなりません。

リンパ球が血液を巡り、細胞の周りを巡回して、異常を発見したらすぐに警報を発してくれる、すると援軍がかけつけて敵を捕獲し、処刑部隊が敵を始末します。

それには常に体の諸機関が正常に働いていなくてはなりませんし、リンパ球の通り道がきれいに掃除されていなくては、早く現場に到着することができません。

まして道路が瓦礫で封鎖されていたりしたら、現場に行くこともできなくなりますし、異常を発見することも遅くなり手遅れになるかも分かりません。

癌の人がもし官足法で治療しようと思うなら、特別な反射区はありません。

全ての反射区を遮二無二マッサージして汚れを潰し、足先までよく血液が行き渡るように、毎日、時間と体力の許す限り足を揉み続けるしかありません。

そもそも、強く押して痛い部分がある限り、その痛い部分が痛くなくなるまで続けるしかありません。痛いからといって手加減してしまえば、直る保証はありません。

前にも言ったように、時間との戦いになってしまいました。

進行性の癌の人は特にそうです。

進行気配の癌が、足を強烈にマッサージすることにより、進行だけでも止まってくれたら、勝利が近いです。敵が小康状態に入っている間に、あとは手を抜くことなく、足をマッサージして、リンパの動きを阻害していた瓦礫(老廃物の詰まり)をとり、血液を活性化し、ヘルパーT細胞を増やすことです。強力な援軍が血中に増えて行く事で、徐々に癌を退治してくれます。

特にリンパ球に元気を与えるために、リンパの反射区(39.40.41反射区図表参照)を念入りに揉んで下さい。

とれた汚れを腎臓にもってゆくために、太もも、ふくらはぎも十分揉んで下さい。

手の疲れる方は、「ワニワニはさむくん」というちょっと変なネーミングですが、太もも、ふくらはぎを楽にマッサージできる優れた器具がありますので、こちらをお勧めしておきます。

足の裏はウォークマットを踏んで汚れを潰してゆく。

足の側部と甲は、棒のようなもの(できれば当店扱いの「グリグリ棒」)で各反射区をマッサージする。

癌までくると、やるかやられるか、の決意が必要です。

転移していない癌なら手術で撤去するのが普通です。

それが良いでしょう。

ただ、再発する可能性は残ります。

病院に定期点検にドキドキしながら行き、再発がなければホッとし、影があると言われればまた目の前が暗くなる、といった人生になるかも分かりません。

転移した癌が見つかれば、状態によってはもう手術ができません。

抗癌剤による、苦しい闘病生活となります。

私の父は肝臓癌で亡くなりました。

利尿剤を点滴で入れ、尿道にはチューブを通し、尿を出さなければ、自分では排泄できなくなりました。痛みで苦しみますので、モルヒネを投与します。

モルヒネを打つと、幻覚を見るようになり、突然暴れだします。

息子の顔も分からなくなります。

父が肝硬変になったのは、今の私と同じくらいの年でした。52歳です。

私は健康診断では全くの正常値で、何の異常もありません。

ただ、父をはじめ癌で亡くなった方は親戚には多いので、私にも癌になりやすい体質は備わっていると思います。

もし私も加齢により、あるいはストレスにより突然癌にならないとも限りません。

でも私は初期の癌なら、風邪のようなものだと思っていますので、このところサボっていたりする足ふみを、ちょっと真面目に日課にします。

手術をする気はありません。

切ると免疫はかえって弱くなります。

よく、人間は体にメスを入れると急に弱くなると言われています。

切るとリンパの通り道が遮断されるからだと私は思います。

万が一億が一、転移まである癌であっても入院はしません。

この場合はちょっと必死で足をマッサージして治す自信があります。

それでも天命により死んでしまうなら諦めます。

病院で死ぬよりましです。

本音を言いますと、私は癌になる気が全くしませんので、そういった事態を想像したのは今が初めてです。ここまで私が体験した、数々の持病が治った奇跡を思うと、癌は全く怖いと思いません。癌になったら笑います。

官足法による治療。これが癌にはベストなのは分かっております。

しかし、プラスして癌に有効な民間療法がいくつか存在します。

この項、説明が長くなりましたので、次回、癌の治療法のご紹介2でご紹介してゆきたいと思います。

ひとまず、この項を終了させていただきます。

かかとについて

かかとのガサガサについて

かかとがガサガサでみっともないといつも思っていました。

店長のことですが。

しかも左足にウオノメまである。

妻も子供もきれいなかかとをしているので、自分だけそうなのかなと思っていましたが、足のマッサージをお手伝いした方の中には、同じようにかかとの皮膚が荒れている方が見つかりましたので、自分だけでなくて良かったと正直思いました。

ウオノメは、官足法では、ウオノメの周囲から揉みほぐしていけばそのうち綺麗に消える、ということになっていますが、ウオノメ自体は病気でもなんでもなく、見た目の問題だけだし、滅多に人に見せる部分でもないから、気にしながらもどうも気合が入らない。

ただ、かかとのガサガサはやはりそれ以上にみっともない。

冬場とか、ひどいときになると、枯れた畑のようになる。

分かりますか?旱魃(かんばつ)の時に荒れ果てた農地。

ひび割れて、固くなって殺伐としている風景。

あれと同じ感じになります。

そもそも、かかとを除いて足の裏はマッサージ後は真っ赤になって血行の良さが目に見えるのに、かかとだけは真っ白で浮いたようになってる。

もともと店長の足裏は血色が悪く、黄ばんでいて、以前人に黄疸(おうだん)ですか、などと言われたこともあったくらい。

ウォークマットを踏んでいる内に、すっかり黄色は赤みに変わってしまいましたが、かかとが汚い。

大体30歳過ぎるころからそんなかかとの状態だったと思います。

皮が分厚く重なって、ウオノメも皮に陥没して、小さなクレーターみたいになってました。

カミソリで皮を削ってみたり、軽石でこすってみたり、電動のかかと研ぎ器みたいなものを買って使ってみたり色々してみましたが、一時はきれいになってもすぐまたもとに戻る。

もう、途中から諦めてしまいました。

しかし、そんなことは気にせず日課的にウォークマットを使っているうちに、段々と旱魃の農地状態が見られなくなりました。

今はかかとの80%が赤みを帯びてきて、かかとの後ろのほうに白いところが残っているだけ、という状態になっています。

ウオノメもすっかり地表に姿を見せて(笑)ちょっとヤスリで削っただけで消えてしまいそうです。

あえてそうしないで、ウォークマットだけで消滅するのを確認したくて、今は時々しか踏んでいないウォークマットに成り行きを任せることにしました。

かかとは生殖腺(卵巣と睾丸)の反射区です。

プラスかかとの外側側部(36番)の反射区とペアになってます。

男性、女性ともに大事な機能の反射区なので、これから家庭を築いていく人も、余生を夫婦で仲良く暮らしてゆきたい人も良くケアしてあげて下さい。

これ以上はお酒の席で。

今回はこの辺でこのコーナーを終わりたいと思います。

白髪

白髪について

白髪。

店長は20歳過ぎた頃から既に白髪が出始めました。

遺伝的には禿げの親戚がいないので、それは助かりました。

ただ、白髪です。

40歳過ぎる頃には前髪のほとんどが真っ白で、初めは黒の白髪染めで隠していました。

しかし染めてから1ケ月もすると、伸びてきた分の髪の根っこが白く光るのがみっともない。

根っこを黒くしたいのでまた追加染めする。

頻繁に白髪染めするのが嫌になってきて、根っこがちょっとでも目立たなくするために、段々褐色系の毛染め剤を使うようになる。

で、いつのまにやら金髪になってしまった。

(しかも自分では気付いてない)

久しぶりに会った人に、「どうしたんですか、その金髪。一瞬外人かと思いましたよ。」と言われ、事に気付く。

一度金髪染ってものをやってみたいと思ってはいましたが、年齢もいっちゃってるし、営業職だし、今更金髪は無理だろう、と思っていたのに、自分では意識しないまま金髪に。

(恥をしのぎ写真掲載)

そもそも官足法というものを知っているのなら、頭を司る反射区である親指を徹底的にしごいていれば、白髪が黒髪に変わった人の話も聞いていた。

が、店長は実は結構手抜きの官足派。ウォークマットプラスアルファのアルファを面倒くさがってます。親指を充分にマッサージするには、マットをただ踏んでるだけではだめで、マットに置いた足の親指を片方の足のかかとで上から踏みつけることが必要。

さらに、それでも足りない指の股や先端や付け根のところ、指の側面などはグリグリ棒、足指ペンチ(現カニカニはさみちゃん)を使って丹念に仕上げなければならない。

それでようやく、人によっては白から黒に。

脳梗塞、痴呆症などの予防にもなる、という重要な反射区は足の親指に集中である。

ここで言い訳をすると、白髪は病気ではないので、あまり切迫感がないというのもあり、幸いにしてまだボケも始まってないようだし、脳梗塞、脳溢血の予兆は、手の指の第一と第二関節の間を強く挟んだときに痛いか痛くないかで早期発見できる、という技をある先生から教わり、患者を目の当たりにその真偽を見て知っているので、痛くない今は不安がない。万一脳出血したとしても、氷や豆腐で後頭部を冷やし続けることで出血も止まり、全身麻痺の後遺症からも逃れられるという対処法もある(実際処置して脳溢血後も普通に生活している人を知っています)。

なんてことで、店長自身足の指とか色々手を抜いてしまっているので、皆様にも偉そうなことは言えません。

ただ、健康診断でもオールAの完全なる健康体なので、手抜きながら色々お勧めしている非礼を許していただきたいです。

店長日記にも書きましたが、豚皮(とんぴ)ゼラチンが美容と健康の妙薬であり、白髪になりにくく、長く服用を続けて白から黒に変わる実例も多い。

これはいまのところ、私はパスして妻が飲み始めて現在2ケ月くらい。

そうそう早く変化があるものでないらしいので、気長に観察してみたいと思います。

まあ、そういった訳で、店長は髪の毛に関しては大して努力をしていないのですが、さすがに金髪を続けている訳にもいかない。髪の毛も薬剤荒れしてボロボロになってしまった。最後は整髪料も使ってないのに、破れた髪の毛から髄液が染み出して、固まってしまう。

整髪料いらずだ、と喜びたいところだが、髪を洗っても櫛が通らない。指も通らない。

もつれた紐のような頭髪。

そんな時にニュージランドから並行輸入されている、「シルバー・チェック」という、特殊な髪染めクリームの存在を知った。

電車の中で妻を座席に座らせて私が立っていると、妻の頭髪がよく見える。

長い白髪がすごく目立つようになった。

それを見るたびに、「きっと私が苦労をかけたせいだ」と自分を責め苛む気持ちが沸き起こってしまう。妻は私より5歳下だが40歳代。年齢的なものだろうが、どうも私のせいのような気がして申し訳ない気になる。

その時に知ったシルバーチェックというクリームは、毛髪を直接染めるのではなく、毛根にある、毛を育てるためのタンパク質を変化させて、伸びてくる髪の毛自体を着色するという、珍しいもの。

私自身のこともあるし、早速ネットオークションから探して、1本約1500円くらいのシルバーチェックを1ダース買った。

まずは自分で試してみたところ、初めの内は何の変化もなかったが、説明書きにもあるように、2週間後に髪が着色された。

真っ黒にはならないが、渋い褐色にはなる。

しかも、伸びてくる髪も着色されて出てくるので、生え際隠しも不要である。

これを長年常用している方からの情報でこのシルバーチェックを知ったのだが、その方も官足法の実践者で、セミナーなども自主開催し、年に一度アフリカのガンビアに行かれて自己費用で現地ボランティア活動をされていらっしゃる。偉い方です。

ご自身も健康マニアのため、このシルバーチェックも何か副作用はないのと、初めは警戒し、ニュージランドのメーカーにまで問い合わせまでして、かなり疑念が晴れてから使用を始められ、今ではすっかりお世話になっている。その方の染まった髪の毛を見て私もこれにしようと思った。

今では毎日ではなく月に4〜5回塗るだけではあるが、それなりに着色は続いており、髪の毛も荒れず、櫛も通るようになってサラサラになった。

(恥をしのいで写真掲載)

無理に作り笑顔と怒り顔

(相変わらず色は薄いですが毛染めは使ってません)

着色料よりよほど安全だと今は思っています。

でも一番いいのは、ちょっと面倒くさいのですが、親指のマッサージを徹底して根気良く続けること。ただいま妻で実験中の(笑)豚皮ゼラチンでいつか成果が上げればまたご報告したいと思います。

やけどについて

やけどの処置について

やけどって誰もが1度や2度は経験しますよね。

店長の母は岡山で空襲にあい、両親と弟を同時に亡くしました。

自分以外の家族全員をです。若干16歳。

自分も空から降ってくる焼夷弾から逃げ惑った。

現在の県立岡山朝日高校(因みに店長の出身校です)近く、旭川の土手沿い。

目の前に落ちた焼夷弾に驚いて転倒。

その拍子に燃え盛る油の中に左手をつっこむ。

油で燃える左手をすぐに右手で払おうとして右手にも引火。

両腕を燃やしてパニックになっているところを近くにいたおじさんが、とっさに母を抱いて旭川に投げこんでくれたので、母は全身火だるま〜焼死を免れたが、両腕に哀れな大火傷の跡は残った。その後の人生も、幼くして家族を失い、親戚に引き取られて肩身の狭い思いをして育ち、最後は家出をして、私の父と結婚する。

私が生まれてつかの間の幸せがあったが、父の生活は荒れてゆく。

私と妹も子供の頃から、父の存在にビクビクしながら育った。

母に暴力を振るうのは耐えられなかった。

母と私と妹と3人で夜中に家出をしたこともある。

そんな可愛そうな母ですが、今は父も亡くなり、76歳になるが元気で何よりです。

宝塚歌劇団の轟悠さんの大ファンで追っかけやってます(笑)

やけどの処置の項なのですが、ちょっと母のことを書いてみました。

母が火傷をおった時、知ってたら良かったなあ、という治療法です。

ビワの葉を刻んで3ケ月ほどホワイトリカーに漬けたエキスが火傷には絶大な効果がある、とあるところからの情報で知っていました。

手におった重度の火傷にエキスを塗ったガーゼを貼り付け取り返しながら、1ケ月もすると火傷は完治したうえ、ほとんど跡さえ残らなかったとう体験者がいらっしゃった。

私も以前背中にでかい脂肪の塊ができて痛み、病院で切って油を抜いたりしたが、再発する。それで、このビワの葉エキスをガーゼに染み込ませて一晩貼って寝たら、朝方脂肪が流れだして塊がなくなったことがあり、これは大した妙薬ではないかと感じていました。

それで、これはなかなか試す機会は欲しくはなかったのですが、ある日火傷をしました。

親指に熱湯をかぶり、火傷の痛みとでっかい水ぶくれ。

すぐに私は以前からどれくらいのかと思っていた妙薬を試してみることにしました。

ビワの葉からとったエキス。

ガーゼに染ませて、火傷した親指にサージカルテープで貼り付ける。

念のために火傷に効く反射区、足裏全体をウォークマットで15分ほど踏み、リンパ腺と副甲状腺はグリグリ棒を使って揉んでおいた。

で、翌朝起きてみると、水ぶくれは消え、痛みもほとんどない。

結局ガーゼをはずしてむき出しのまま一日過ごしましたが、そのまま火傷のことは忘れたくらいでした。

エキスが効いたのか、反射区マッサージが効いたのか、それとも療法の効果の合体なのか、もう一度試す訳にはいかないので、皆様が火傷の不幸にめぐり合った時には両方やってみることをお薦めします。

しゃっくりについて

しゃっくりの止め方

地味な話題ですが、しゃっくりの有効な止め方、知ってて得することもあるかも知れませんので、ご紹介しておきます。

しゃっくりは横隔膜の痙攣です。

横隔膜は肺の真下にくっついた膜。

ウイキペディアの情報を見ると、シャックリを止めるのに効果の高い方法は、深呼吸をすること、と呼吸を止めること、が別々の方法で書いてあって、ちょっと惜しい感じです。

肺にいっぱい空気を入れたまま、できるだけの間呼吸を止める、が正解。

横隔膜が痙攣して縮むのを邪魔して強制的に止める。

漢方では、「柿帯湯」というのがしゃっくりに効く。

これは柿のへたを煎じたもの。生姜を混ぜても良い。

ちなみにウォークマットを踏む習慣があれば、しゃっくりは出なくなります。

肺まわりの反射区(14)が、足裏の一番当たりやすい場所にあり、黙ってても踏めば当たります。

店長は踏み始めて8年間。しゃっくりの経験がありません。

冷え性について

冷え性の有効な治療法について

妻が冷え性です。

女性の方に多いようですね。冷え性。

店長は無縁です。というより逆でいつも体熱を発散してる。

私が家に戻ると、室内温度が2度は上昇すると妻に言われる。

アルコールを取り込むと更なり、といった調子です。

妻は血管が細くて、注射の時に看護婦さんが困るらしい。

私は逆に血管が太くて、左腕には2本のくっきりした血管がこれを見よと言わんばかりに自己主張している。

看護婦さんに、「キャ〜、すごい血管!」と喜ばれたこともあります。(事実です)

看護婦さんにもてる血管の持ち主です。

冷え性は血液循環の悪さが原因です。

血管が細いのはその分不利だと私は思っており、妻はその可哀そうな体質なのです。

それは仕方ないとして、あきらめることは全然ありません。

血液の流れに関係の深い反射区である、副甲状腺、副腎の反射区を良く刺激してやれば良いのです。あとは当然循環の中核である心臓の反射区。

基本である、腎臓、輸尿管、膀胱の反射区はもちろん無視できませんが。

私は愛妻家なので(笑)、妻の冷え性対策として、マイハンドによる足裏マッサージをしてあげます。器具を使おうとすると嫌がるので、手が疲れるのですが、手でマッサージをします。日ごろお世話になっている感謝のお返しのつもりでやってます。

揉んだあとは、いつも血管が見えない白い妻の足が、しばらくすると真っ赤になってきます。ざまあみろって気持になります。

妻も足がポカポカしている、と言います。

私もそうですが、妻もそうしたことで、ここ数年風邪を引いたことがありません。

お風呂は腰湯が冷え症の方には非常に有効なのですが、妻は熱い湯に全身つかるのが大好きなので、まあ、大好きなものをやめよとは言えず、そうして一日の疲れやストレスを取るのも大事なので、取りあえずは足揉み対処をしてあげています。

梅干の黒焼きも冷え症に効くそうです。

胃腸の項でも書きましたが、梅干は健康に対する自然界からの贈り物です。

苦手の方も、天然の薬だと思って出来るだけ食事といっしょに摂るようにしたら良いと思います。

冷え性は血液循環の悪さが原因なのですが、これに坐骨神経痛が重なって起きる場合もあります。

坐骨神経痛の治し方は、「坐骨神経痛と肋間神経痛の治し方のご紹介」の項を参考になさって下さい。

骨の歪みによる坐骨神経痛は、私の知っているある特殊な整体法で治すこともできますが、やり方を文章で表現するのは非常に難しいため、紹介できません。

いつか、映像などで目で見て分かるようなものを作ってご紹介したいと思っています。

済みませんが、それまではご辛抱下さい。

では一旦この項を終わりたいと思います。

老年になってからの近視・老眼

老年になってからの近視、老眼について

いやなもんです。老年になってからの近視。

近視になったって近視を45年も経験してないから気がつかない。

なんで最近目がかすむんだろうと、他の目の病気だと思う。

左右の視力は安定して両1.2。45歳まで。

初めにおかしいなあ、と思ったのは、ある舞台を見に行って、役者の顔が見分けられなくなった時。隣に座っている人はちゃんと分かるという。

自分も目は悪くないはずなのに、舞台の役者の顔が分からない。

それが最初の戸惑いでした。

駅名の看板が読めなくなる。

アナウンスを聞きそびれて不安になり、結局ホームに下りて目的と違う駅だと気付く。

いつも見えていた、ビデオデッキの小さな時刻表示が見えなくなる。

かすんで見えていて、目をごしごしこするがやはり見えない。

それでもまだ近視だと思ってなかった。

近視だとようやく気付いたのは健康診断の時。

左右およそ0.1

見事な近視。

ショックを受ける。

なぜって私の親戚系統に眼鏡の人がいない(老眼除く)。

だから45歳まで眼鏡なしで生きてきた私に近視が取り憑くなんて思わない。

仕事で朝から晩までメールを読み書きしていた時期が続いて、そうなった。

老年の近視は目の筋肉の老化である。日々酷使していることが続くとなるらしい。

生まれて初めて眼鏡ショップで眼鏡を買ったが、若い頃から眼鏡が苦手である。

サングラスを買ったことはあるが、かけると鼻がムズムスして具合が悪くなる。

結局眼鏡を常用することはできなかった。

看板が見えないなど生活に支障のある時と、映画や芝居を見に行った時に使うだけ。

そんな時に、ある健康法で、白内障は熱くした番茶に少量の塩を入れたものをガーゼに染ませてまぶたの上から蒸すと良い、という情報を見て、白内障に効くなら近視にも効くんじゃないかと思い、毎日番茶で眼球を蒸してみた。やけどしない程度にかなり熱くして。

冷めたら取替え、冷めたら取り替えて、5分〜10分続けてから、最後は「芋パスタ」という、里芋+小麦粉+生姜をまぜてペースト状にしたものをガーゼに巻いてサージカルテープでまぶたに貼り付けて寝る。

これを駄目もとで1週間続けてみた。

最低1ケ月くらい続けてみようと思ったのだが、1週間で変化があった。

朝起きて出勤する時に、街の景色がいつになくクリアに見える。

気のせいかとも思ったが、最近はいつも見えなかった遠くの看板が同じ距離から読み取れる。

もしかして視力回復?

ドクドキした。

その後まもなく健康診断を受けた時視力を検査すると、左右0.1から、0.60.5まで回復していた。それでも元の視力には程遠いが、0.1の時とは大違いである。

医者の問診では、「視力が妙に良くなっているが、何をしたのか?」と聞かれたが、番茶と芋でとは言いづらく、いや、別にと答える。

番茶で回復したのはしかしそこまで。

その後色々調べてみると、老年になってからの近視・老眼は目の筋肉の衰えが原因、ということで、それこそ目のフィットネス体操みたいなものがあって、それを続ければ必ず近視は回復する、というようなことを書いた本があり、なかなか有効そうなのであるが、現状0.6くらいの視力で日常生活にさほど不便がないせいか、ついつい視力回復には取り組んでいない。

健康をうたうサイトの店長としてはそのうち取り組んでみて成果を皆様にレポートする義務があるのでは、とも思うので、いずれまた。

不整脈

不整脈について

何が原因かは分からないけれど、不整脈が日々訪れるようになり、心臓のことだけに、停止したら「死」という思いが、とても不安に感じてしまう。

不整脈を感じると、どういう習性なのか、左胸の上をトントントン、と叩いてなだめようとする。じっとしていると不安でたまらない。

飯田橋にある、東京厚生年金病院で診察を受けるが、診察を受けるまで頻繁に不整脈が起きていたのに、診察室に入ると不思議なものでピタッと治まってしまう。

検査をするが不整脈の兆候は見られないと言われる。

いや、不定期にではあるが、必ず日々襲ってくるんです、と必死で説明すると、それでは心拍測定器を体に3日間取り付けて、結果をみましょう、ということになった。

取り付けてから、1日目は全く不整脈が起こらない。2日目も穏やかな心臓。

なんだか不整脈が起こらない方が良いのに、起こらないことがまずいと思えてくる。

3日目に入ってようやく不整脈始動。その日は3度に及んだ。

不整脈が起きているのになぜかほっとする。

しっかりと装置に記録されたに違いない。

翌日再度病院で検査。

数値には確かに不整脈の記録が残されていた。

で、病院側は、

「不整脈を治療するなら、入院が必要です。ニトロを投与しながら、検査をつづけなくてはなりません。」といって診断書と案内書をくれた。

ニトロと言えば、聞いてはいたものの、ダイナマイトの原料、ニトログリセリン。

すぐにイメージしたのが、投与の副作用で心臓破裂。

もちろんただの妄想であるが、そんな漫画みたいな妄想が更に治療に対しても不安を掻き立てられる。まして入院ともなると、仕事にも支障が起きる。

入院してニトロの恐怖か日々の不整脈の恐怖か。

迷っている内に、不整脈の間隔が少し長くなってきたようなこともあり、入院は選択せずにいた。

そんな時に幸いにも巡り合ったのが、このコーナーに何度も登場する「ウォークマット」。官足法創始者の官有謀先生の直接の講義を新宿で聞いて、何となく買ったもの。

半信半疑で踏み始めたものの、初めは痛くて3歩踏むこともできない。

「母を背負いてそのあまりかろきに泣きて三歩あゆまず」って啄木の俳句のよう。

そのあまりの痛さに泣きて、である。

ただ、我慢して少しでも多めに踏むと、汗が出てきて、全身が熱くなるのが分かる。

少なくとも健康には悪くない、という気がしたから、少しずつからでも続けるようにしていた。

1ケ月もすると、3分くらい踏むのは慣れてきて、2ケ月後には10分以上踏めるようになった。4ケ月で完全に痛みとはおさらば、という感じにまでなって、実はその間に数々の持病が消えてゆくのを実感し、これは奇跡の板だ、と、とてつもない喜びを感じたものである。

***************

心臓の反射区が左足の裏、小指と薬指の間を、少し下まで降りてきたところにあります。

かなり深いところにあるので、グリグリ棒などでえぐるようにマッサージすると、心臓系のほとんどの病気に効果があります。食養では、卵油、松茸などが効果があるとされています。

不整脈の多くの原因はストレスにあることも多いので、生活を見直すことも必要かも知れません。私のもストレスだったと思います。

その後もストレスのある生活は続きました。

でも私の不整脈は結局あれから8年、音信不通です。

健康のための靴選び

靴について

店長ですが、小学生くらいから母に買ってもらう靴のサイズは、実際の足のサイズより一回り小さいサイズのものを買ってもらっていました。

履いているうちに、靴の皮が伸びてきて、その内ちょうど良いサイズになるから、というのが、母の理屈でした。

だから、いつも必ず新しい靴は、足が締め付けられて痛くてしょうがない。

靴擦れは必ずできる。

確かに3ケ月もすると靴の皮が伸びてきて、痛くはなくなるけれど、足先の方が微妙に指型に見える伸び方になって、ちょっと恥ずかしい。

その教えを信じて、というか当たり前の習慣になって、大人になって自分で靴を買えるようになってからも、相変わらず最初はきついサイズの靴を買っていました。

自分の足のサイズは24.5だと思っていました。

しかし30歳代になってからは、きつい靴を少しでもやわらげるために、幅広サイズ(EEEとかEEEE)の靴を選ぶようになりましたが、それでもサイズは24.5。

で、官足法と知り合ってからは、それが全く馬鹿みたいな習慣で、逆に足を締め付けることにより、官足法では最もケアしなくてはならない足先の血行を阻害し、病気になりやすい体質作りを小さい頃からせっせせっせと行っていたことになります。

店長が病気のデパートだったのがその答えです。

女性の方は特にハイヒールや、足を小さく見せるために、小さいサイズの靴を履かれる人が多いかも知れませんが、健康には百害あって一利もありません。

もし健康をお考えでしたら、直ぐにでもゆったりした靴に履き替えて下さい。

店長の今の靴のサイズは26.026.5を履いています。

すこしブカブカくらいが良いのです。

24.5サイズから26.5。それもあって今の健康があると思っています。

官足法には男性用のみですが、足の指先の部分が普通の靴より広がったものを販売しています。ご興味のあるかたはこちらをご覧下さい。

でも、とにかくブカブカの靴なら何でも良いと私は思います。

できれば草鞋(わらじ)を履きたいくらいです(笑)

人の足を揉んであげるとき

大事な家族や親戚、友達や恋人、そんな人が病気になった時、本人に変わって、足を揉んであげる。

とても美しい行為だと思います。

でもそんな時にちょっとだけ気に留めておいて欲しいことがあります。

それは、オカルト的な話に聞こえることとは思いますが、人間の病気の悪い「気」というのは、直接触れることで、触れた人に伝わってゆくものだということです。

類は友呼ぶ、という諺とはちょっと違いますが、人はいつも接している人の影響を受ける生き物です。似たもの夫婦、という言葉もあります。初めから似ていたのではなく、長い間共に暮らすことで似てきたのです。

人間は近くのものに影響されるものです。

癌、のような重要な病気の人の足を直接手で揉んであげたとします。

揉んだ手から、癌の悪い「気」は揉んだその人に入ってきます。

その人がその悪い「気」を跳ね返すだけの強い健康な「気」を持っていれば問題はありません。

しかし、もしそうでなければ悪い「気」はその人に染み込み、病気にしてしまうことがあるように思います。

私店長にも経験があります。

脳卒中で倒れたある患者さんの足を揉んだ時です。

1時間ほど必死でその患者さんの足を揉んであげました。

その方は卒中の影響で、体はそこそこ動いているのですが、身内の方の呼びかけに答えることもできませんし、意識の所在も良く分からない状態です。

ただ、足の痛いポイントでは、ちょっと痛そうに体をよじるくらい。

ただ、それで文句をいうこともありません。

正常な意識や記憶からは遠いところにいらっしゃったのです。

その日家に戻った私は夜中に突然痛烈な頭痛に見舞われました。

左の方の頭が割れるように痛いのです。

官足法を実践して以来、数年持病の頭痛から開放されたと思っていた私は、訳が分からず戸惑いました。以前でもそれほどの頭痛は経験したことがなかったくらいです。

あとから思えば、その日私が足を揉んだ患者さんは、左の頭部で出血して倒れたのです。

私の頭痛も同じ左頭部。

その時始めて、これは偶然ではないのではないか、と思いました。

以来既に5年が経ちますが、私は頭痛とは無縁の生活をしています。

父は肝臓癌で亡くなりました。

父は岡山、私は東京で職を持っていますから、しょっちゅう帰る訳にもいきません。

ですが、いよいよ危篤、という医師の告知により、仕事を休んで1週間ほど帰郷しました。

父は既に病床で正しい意識もあるかないか良く分からない状態。

時々突然暴れだして点滴などを引っこ抜いたりしますので、かわるがわるの付き人が必要でした。その時に最も甲斐甲斐しく父に付き添っていただいた、親戚の叔父さんがいました。父とはさほど年も変わらない70歳代の方でした。

甲斐もなく父は亡くなり、葬儀をあげましたが、その叔父さんは葬儀に参加することができませんでした。

なぜなら、叔父さんは父を看取った数日後に胃癌が発見され入院していたのです。

単なる偶然と片付けるのが科学者でしょうが、科学が全てだ、と思わない方は、そのあたり少し注意して臨んだ方が良いかも分かりません。

人の足を素手で揉んでさしあげるときは。

足がつる方へ1

夜中に足がつることについて(店長の体験談です)


寝ている時に突然足がつります。




つった時はしばらく顔をしかめて痛いのにひたすら耐えたあと、ようやく「つり状態」から開放されても、そのあとはつった箇所が筋肉痛に似た状態になります。

若い頃は、スポーツなどの運動中につったことはありますが、運動不足の現在、なんで足がつるのだろう、と思っていました。

足がつる原因は、数多くの説があって、要はもう年による衰え、諦めろ、と言われている気がしてなりません。

ビタミンが足りない、ミネラルが足りない、マグネシウムの不足。

肝臓と筋肉が含有するグリコーゲンの枯渇。

血中からの水分の蒸発。リンパと血液循環の不良。いわゆるどろどろ血。

椎間板ヘルニア、腰椎に挟まれた神経への圧迫。腰痛のひと。
かかっている病院で処方された薬の副作用。高圧剤、ホルモン剤。いわゆる薬害。

糖尿病、肝硬変、心筋梗塞の予兆。要は病気の予備軍。

妊娠中のカリウムイオンとナトリウムイオン不足。栄養のバランス。

血漿電解質濃度の異常。

筋肉の冷え、筋肉の疲労。

何が原因かは知りませんが、夜中にしょっちゅう足がつりそうになる、もしくはつってしまいます。



店長の場合ですが...

30代後半くらいからだったでしょうか。
夜中につってしまったときのあの情けない激痛はたまったもんではありません。
「これって何の試練だよ」と思っても怒りの矛先を向けるところがないのです。

そういうことを10回20回と経験すると、さすがに人間というのは学習するものでしょうか、夜中に足がつりかけた瞬間、どんなに熟睡していても「パッと足のつま先をそり返す」仕草をすれば、足がつるのを避けられることを本能的に覚え、しかも無意識に瞬時に反応するようになりました。

どんなに熟睡・泥酔していたとしても、パッと反応します。

足つりはともかく、ふくらはぎは万年凝り性で、子供が小さい頃は、ふくらはぎの上に乗って踏んでもらってました。凄く痛くて凄く気持ちがいい。いつまでも続けてもらいたいけれど子供はすぐ疲れて飽きてきてどこかに行ってしまいます。



少し大きくなるとお小遣い100円で釣っても踏んでもらいたい。

その内子供が成長して重くなると、その小さなタイ式マッサージもできなくなりました。

私のふくらはぎの凝りは放置されてしまうようになり、サロンパスやら温湿布やら、貼ってみますが、効きません。

年だからしかたないと諦めてしまうのですが。

その後ふとしたことで官足法というものに巡り会いました。



官足法の器具であるウォークマットを踏み始めて4ケ月で私は多くの諸病から開放され、まさか自分がそんな幸運に恵まれるとは想像したこともなく、ひとり感激したものです。

DVD映像

それからというものは随分周囲の方にこのウォークマットと官足法をお勧めして、みんなの病気が治っていくのを目の当たりにしました。そういうことを見る内にこの奇跡をより多くの方に知ってもらいたいと思うようにもなりました。

私の諸病がなおってから、1年ほど気付かなかったのですが、ふくらはぎとの万年凝り性と夜中の足つりがすっかりなくなってました。というより、1年間なくなっていることに気付きませんでした。起こらないことで忘れていたんですね。



足がつる方へ2に続きます。

足つり・筋肉痛治療セットのご紹介



なぜ足がつるのでしょう?

数多くの原因が考えられています。

あなたの足つりはこれが原因です。

とは誰にも答えることはできません。

赤ちゃんは足がつったりしないですよね?

逆に年を取るほど足がつることが多くなる。

年齢の衰えが原因です。

確かにそうとも言えるのですが



足裏マッサージ 


でも足がつるのはあなたの足の固さが強力にサポートしていることは間違いありません。

柔らかい赤ちゃんの足はつったりしないのです。

「人間は足の先から死んでゆく」と言われ、原因は心臓から一番遠い足の先から、汚れ(老廃物)がたまり、血液、リンパの流れが悪くなることです。

それが万病の原因となっています。

これは足法の30年の歴史ではっきり証明してきたことなのです。


 

結論としては、足がつるのも、他の多くの病気も、原因はさまざまに考えられるとしても、一つの行為で必ず改善できるということです。

まず、年齢を経て固くなった足の裏とふくらはぎの筋肉を、赤ちゃんのように柔らかくすること。これは必ず実現します。

足がつる原因は色々あるとしても、足が柔らかくなることで強力なサポーターを失って、こむらがえりは影をひそめます。ふくらはぎの筋肉痛も取れてしまいます。



でも本当にそれだけでしょうか?

もうひとつ大きな味方(あるいは敵?)がいます。

それはのどにある副甲状腺という器官。

副甲状腺の機能が年とともに弱ってくると、人体はカルシウムの吸収が悪くなり、体のあちこちで筋肉がつる現象が起こりやすくなります。

いわゆる「過敏症」という現象で、ちょっと刺激に過敏に反応しやすくなるというものです。

その結果筋肉のつりが起こります。

足がつる時も、朝方ちょっと足を伸ばした、曲げた、そんな瞬間にピリッときてあのいやな「こむらがえり」が起こります。

 

さて、副甲状腺の弱りは花粉症も引きおこします。

これも過敏症の一種です。

では、はやい話が副甲状腺の機能を回復し、過敏症を治せば、足つりも花粉症も治る、ということになりますね。

官足法では得意中の得意。グリグリ棒を使って副甲状腺マッサージを行い、副甲状腺を健康に戻しましょう。

反射区

薬や手術では治らない足つり。

是非ご自分で、ご自宅で、あの朝方のいやな足つり、体のあちこちの筋肉のつりを治してしまいましょう。


足つり・筋肉痛治療セットは...

日本人に多い足つり・しつこい筋肉痛を治療するためのおすすめセットです。



1.ウォークマット供槊板セット

  


官足法30年の歴史から生まれた、足裏マッサージの王道ツールです。

足の裏側には他にも人体の重要な器官の反射区が集中していますから、足つりだけではなく、他に不安のある症状に対しても有効な場合が多くあります。

一つの病気を治す目的で始めたら、いもづる式に他の病気まで治ってしまった、という話はいくらでもあります。

やはり、ウォークマットは足裏マッサージの王道アイテムなのです。

また、自分でやると手加減してしまいがちな反射区(足つぼ)マッサージを、自分の全体重を載せることで強制的に強いマッサージが行える、というのが、基本アイテムとしてウォークマットをお勧めする最大の理由です。

2.赤棒

  


赤棒の特徴は、お風呂で使えることです。

湯船の中のリラックスタイムに、ふくらはぎや太もも、すね、リンパのマッサージを、決して力むことなく、ゆったりと使用できることです。

置いて踏むこともできますし、軽くて持ち運びも便利です。

3.グリグリ棒

  


グリグリ棒は、官足法の反射区マッサージの古典アイテム「官足棒」の後継アイテムです。

移動中、旅先、勤務先、出張先、帰省中、会社のお昼休み….

小型、軽量で、いつでもどこでも使える便利グッズです。

しかも全ての反射区に有効。

官足法反射区マッサージの必須アイテムです。

そして….

おまけとしては高血圧・糖尿病・肝臓腎臓胃腸病・心臓病・筋肉痛・神経痛などなど、多くの病気が一緒に治ってしまうことですとは申しませんが、ご自身で体験してみて、新しい発見をお楽しみ下さればと思います。

【価格】

ウォークマット供槊板セット 8,600

赤棒 3,200

グリグリ棒 630

合計 12,430

【特典】

1.セット特典価格12,000円でご提供致します。(430円おとく)

2.新規会員登録いただいた方はその場で300ポイント進呈します。(300円おとく)

3.反射区図表(ラミネート版)を無料でおつけします。(280円おとく)

4.送料全国一律1,050円のところ、850円になります。(200円おとく)

5.会員様には3%のポイントバック。次回のお買い物から使えます。

<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>
足つり・筋肉痛治療セット

拡大表示

足つり・筋肉痛治療セット

定価:
12,430円(税込)
価格:
12,000円(税込)
購入数: セット
返品期限・条件返品についての詳細はこちら


その前に一度官足法をおためしで体験してみたい

というかたには、「官足法おためし3点セット」(1,000円税込・送料込)がお勧めです。

商品の内容についてはこちら
<>
官足法 おためしセット

拡大表示

官足法おためしセット

価格:
1,000円(税込)
購入数: セット
返品期限・条件返品についての詳細はこちら

自律神経失調症の有効な治し方のご紹介

自律神経失調症

自律神経失調症は医学的には病気ではありません。

検査をしても体のどこかに異常があるわけではない。

確かに体はだるいし、頭も痛いし、耳鳴りもする。

時には動悸が激しくなって息苦しい。

お大事に、と言われて風邪薬をもらって終わり。

自律神経は精神の変化を体に表す働き(動悸、冷や汗など)、細菌に対する免疫機能、体温の自動調節などの調整機能、ホルモンの分泌などなど、自分の意思で動かせない様々な体の機能を司っています。寝ているときの呼吸や、勝手に動き続ける心臓、内臓。

あえてスピリチュアルなお話をすれば、いわば人間が神によって生かされている証拠。

神が握っていた心臓から手を離せば心臓停止、ということになるでしょう。

精神と自律神経とは深く関わっています。

その自律神経を乱すのは精神の乱れに他なりません。
つまり、現代社会における様々なストレスが多くはその原因となっています。
ストレスは交感神経を緊張させ、アドレナリンを過剰に分泌させます。
副交感神経の働きは低下し、自律神経は乱れます。

店長も良く体調を乱していました。

しかし、自分で精神的なものから来ている、という自覚はありました。

30歳の時に転職して勤めた会社が、社長が女性で、キツい人で直ぐにヒステリーを起こし、最初から無理な要求をし、できて当然、できなければ明日にもできるようになれ、みたいな人でして、入社2ケ月で体に変調。これは明らかに精神的なもので、会社のビルのエレベーターの前に立った瞬間から動悸が止まらなくなる。汗が出てくる。気分が悪くなる。それが毎日必ず起きる。それでとうとう入社して3ケ月、という短さで離職してしまいました。

その後も会社勤めをしているとストレスや精神的な悩みは尽きることなく、頭痛(特に頭痛が頻繁でした)、胃腸の痛み、下痢、体のダルさ、など風邪も含めしょっちゅう体調を崩していました。特に店長の場合は、文化の違う北米と欧州を相手にものを販売したり、買ったり、その間の煩雑な業務をこなすような仕事だったのと、上司が皆ものすごくエゴイスティックな方々だったので、たぶん精神的にはタフな方の私もボロクズのような精神状態にあったと思います。

最後は病気のデパート。

どうせ最後は癌になって死ぬのだろう。

死ねばいっそ楽かも。くらいに思ってました。

ところがその企てを阻止するものがウォークマットだったのです。

結論を言いますと、自律神経失調症はどうも足裏への強い刺激があれば簡単に治るようです。

体の電気配線の故障。

サーモスタットの接触不良です。

装置の蓋を開けましょう。

それは足の裏の土踏まずの真ん中にあります。

「腹腔神経叢」という反射区に神経の配線が絡み合って並んでいます。

とりあえずここをマッサージして機能復活させましょう。

それから、自律神経を束ねる脳みそは頭にありますから、頭の反射区が集中する足の親指を、手の指や棒などを用いて、一生懸命しごきましょう。

だいたいは直ぐに効果が現れます。

それから、こうした足もみ、足踏みを続けていると、どんなに嫌なことが続いても、ストレスまみれでも、何だかシャクなほどに体は反応しなくなります。風邪すらも引かなくなり会社を休む口実もなくなります。

私もやってみみようかな、という方には、私は必ずウォークマットをお勧めするようにしています。



自律神経を整え、体を正常な状態に戻す。
ウォークマット兇鬚款匆陲靴討い泙后
画像をクリックして下さい。




楽々、しかも効果的に足の親指をマッサージできる必須アイテム。
「カニカニはさみちゃん」ちょっとおしゃれなアイテムで、女性にも人気です。
画像をクリックで紹介画面に移ります。



もっとお安い値段で、という方には「グリグリ棒」。実際これだけで万病を克服した方も大勢いらっしゃいます。画像クリックで詳細をお知らせしています。



    

肝硬変の有効な治療法の紹介

店長は病気のデパートでしたが、不思議と肝臓の数値だけは健康診断でも異常はありませんでした。不幸中の幸いです。

そもそも肝臓というのは人間の臓器の中でも最も丈夫な臓器で、半分切っても再生するくらい。ここが悪くなる、ということは、腎臓、胃腸、心臓など他の臓器も弱っているはずです。

内臓は相互に関係しあい、連鎖して働いているので、どこか一つ悪くなると、関連してあちこち悪くなるのが自然の流れです。内臓が弱るのは血液の循環が悪く、血液が汚れて腎臓肝臓に負担がかかり、血管がつまって心臓に負担がかかっているのです。また、リンパの働きが弱って免疫系統がうまく機能しなくなり、風邪を引きやすくなったり、癌細胞を破壊できなくなったりするのです。

足の裏をマッサージして何が良いかというと、血管〜細胞間に詰まり付着してしまった老廃物を取り除き、毛細血管を正常に拡げ、血液循環を正常にしてゆきます。

これによって内臓にかかっていた負担が取り除かれ、体の毒素を消し、リンパも正常にして免疫系統をよみがえらせます。人間本来が持つ自己治癒能力の大復活です。

もう一つは、足の裏には末梢神経が集中している、ということです。末梢神経をマッサージで刺激することにより、自律神経を刺激して、体の各器官にシグナルを送ります。胃であればにわかに活発に動き始めたり、腎臓であればそこに血液が集まって、温度が上昇したりします。食事後にすぐマッサージをしてはいけない、というのは、内臓が活発になりすぎて逆に負担がかかってしまうからです。マッサージを終えてから白湯を飲むのは、血中にもみだされた老廃物を早く腎臓まで運んで処理しなくてはならないからです。もたもたしているとまたどこかに付着してしまいます。

ついでに言うと、やはり食事には少し気を使わなくてはなりません。足もみは続けているが食事は高カロリーの暴飲暴食では健康になれるわけがありません。

特に肉類は日本人の消化系等が苦手とするものですから、肉類を常食して常に腸の中で腐敗させ、血液毒素を放出させているようでは、いくら腎臓が頑張ってもおっつかない。

甘いものも摂り過ぎは良くありません。やはり糖類は血液の循環を悪くし、老廃物を作りやすく、腎臓の負担を多くし、体を冷やします。糖類、特に白糖(精製糖)、グラニュー糖は悪く、好きでやめられない、という人、お気の毒です。アトピーも治りません。

肝硬変に話を戻しましょう。

知人で肝炎から肝硬変になった人がいました。

しばらく入院していましたが、退院してからは毎日大量の治療薬を飲んでいました。それでも5年以上更なる悪化も良化もなく過ごされていましたが、やはり胃腸や他の臓器も悪く、あちこち体が痛い、筋肉痛もひどいなど、生きた心地がしなかったようです。

ひどい胃痛で通院し、バリウム検査をしたり、強い胃薬を処方されて飲んでも痛みが消えない。よくよく検査をしてみると、膵臓の障害でした。膵臓が悪いのに、痛みを感じるのは胃袋なのです。そのような諸病がたびたび勃発する生活でした。

病室には他に7名の同病患者がいて、その方たちは3年以内に全員亡くなってしまったという話をあとで聞かされました。

この方の病気を知ったとき、私ははじめウォークマットを薦めました。

知人は直ぐに家でウォークマットを踏もうとしましたが、あまりに痛くて乗ることもできないくらい。「痛くて踏めっこない」みたいなことを言ってきたので、はじめは慣れるためにマットの上にタオルをしいて、それでも痛ければ靴下を履いてから踏んでみてください、アドバイスしました。

すると多少踏めるようになったらしいのですが、今度は、踏んだあと発熱して、苦しくなったので、自分はこの方法は合わない気がする、というのです。

この発熱する、というのがウォークマットを踏んだ結果なのであれば、体の免疫系統が戦い始めたサインなのですから、喜ぶべきことなのです。好転反応なのです。

しかし、知人は継続することにあまり意欲的ではありません。

ビワの葉と温灸を使って、患部を温める療法が有効なので、こちらを勧めることにしました。これは根気のいる治療ですが、痛みはありませんから、治す気があるなら続くはずです。ところが、今度は、温灸の煙がくさいからいやだとか言って、続きません。

もう私もあきらめてアドバイスするのをやめました。

一応、飲むだけで効果があるので有名な、インディアン・ハーブいわゆるインデアンの秘薬を最後に勧めてはおきました。これは癌をも治す自然薬として、かつてカナダで大評判になり、民間と医学界との大紛争を起こした末、結局医学的な根拠なしとして裁判には負けてしまいましたが、今でも脈々と世界で支持されている、秘薬中の秘薬です。桐島洋子さんの著書「見えない海に漕ぎ出して」(海竜社)でも大きく取り上げられており、随分参考になります。日本では健康デザイン社がカナダのフローラ社の代理店として「フロー・エッセンス」の名称で販売しています。

しかしこれは少し効いたようで、しばらくぶりに少し体が楽になった気がする、と言ってました。しかし、このハーブティーは確かに優れものだと思うのですが、かなり高価なものなので、それでも命が大事なら惜しくはないのでしょうが、なかなか年金暮らしのようなお年寄りには負担が大きい。

これも経済的な理由で、長くは続きませんでした。

その後この方の肝臓に腫瘍が見つかったと聞き、私は正直、もうだめだろうな、と思いました。

私が知っている限りベストな全ての健康法をお勧めして続かなかったのですから、あとは医療に頼るしかない。正直、この病気から生還する可能性はないと思ったからです。

それから1年ほど私はあきらめてますから、この方に連絡もとりませんでした。

どうなったかなあ、と時おり思うくらい。

すると、1年過ぎた頃、この方から連絡がありました。

実は私の知らない間に、他のかたから、肝炎と胆嚢結石が、足もみで治ったという話を聞かされたらしく、さすがにもう死期を意識していたせいか、だめもとと思ってウォークマットを再挑戦していたようです。

すると病院での検査でいつのまにか腫瘍がなくなり、肝臓の数値も良くなってきたというのです。

正直びっくりしました。

それで私も、足の裏だけでなく、本をよく読んで、リンパの反射区を一緒に揉んでいれば、絶対治ります、あと半年頑張ってみたらどうですかと再度アドバイスしました。

一旦希望を見出すと、人間続けられるものなのですね。

その方はそれから1年後、完全に肝硬変を克服しました。病院側も首をひねって、何をやったのか色々聞かれたそうです。

病気にはドラマがあるんですね。

癌の治療法のご紹介2

前回癌はヘルパーT細胞の減少により、B細胞とキラーT細胞が働かなくなったせいで起こる、という説明をしました。

つまりはリンパ球であるそれらの細胞が、リンパ管が詰まることによって流れが悪くなったということです。

同時にそこまでゆくと、人間の体の臓器に指令を出して正常に働かせる、自律神経への報告が遅れ、臓器が弱くなっています。

その両方を同時に解決できるのが足裏とリンパのマッサージということになり、そのために考えつくされて生まれたものが官足法と各健康器具、ということです。

ところで、現代医学は素晴らしい進歩をしています。癌などは初期であれば簡単な手術で治せます。脳腫瘍をパーフェクトに取り除く素晴らしい技術と装置を持ったお医者さんもいます。300万も払えば、陽子線治療という、癌以外の細胞組織を壊さずに除去してくれる現在医科学の結晶のような装置もあります。現代医学は本当に多くの経験と実験と研究によって、やがて神の領域にも近いところまで発達してゆくのではないでしょうか。

現代医学を否定する気など全くありません。むしろその技術の発展には感動すら覚えます。

私たちが気にしているのは、根本的解決のことです。

ヘルパーT細胞の減少については分かっているのです。

でもなぜ減少して、どうやってヘルパーT細胞を復活させるのかはよく分かっていません。

手術で癌を取り除いて、もう二度と再発をしないなら医学はパーフェクトになったと言えますが、まだそうではないのです。再発のおそれが残ります。

私たちも医学者ではないので、偉そうに理論を説くのは間違いです。

が、経験上、足のマッサージが体を劇的に変えてゆくし、実際に末期癌から足もみだけで完治した人がいるのは事実です。

さて、今回は、官足法以外にも多数の癌患者を救った健康法があるので、ご紹介したいと思います。

カナダを発祥とするエイシアック療法というものがあります。

これはもともとカナダの原住民であったインディアンが、癌をも治す秘薬として伝承していたものを、病院の看護婦がその処方を患者から偶然知ったことに始まり、実際にその効果の素晴らしさに多くの医師も感銘を受け、数万人の市民の署名を集めて医薬品として政府の認可を得ようとするが、医療団体の猛反発に合い、戦い続けた歴史を持っています。

結果としては正式な医薬品としての認可を得るに至りませんでしたが、現在は、エイシアック・カナダ・インターナショナル社が健康食品(ハーブティー)として販売しているものと、フローラ社のフローラ・エッセンスとして販売されているのものが、そのルーツの末裔です。

桐島洋子さんの著書「見えない海に漕ぎ出して」の中に詳しくその歴史が紹介されています。「インディアンの秘薬」でネット検索しても色々情報が得られると思います。

癌を治す特効薬としては、歴史的な大事件だったわけで、そういった意味でも信頼性の高い健康食品だと思います。

日本の健康デザイン社が輸入販売されている、フロー・エッセンスを私自身買って病気の方にお贈りしたこともあり、ちょっと効果ではあるけれど、いざとなったら心強い味方の一つだと思っています。花粉症のコーナーでもご紹介しましたが、同社の「MSMパウダー」を花粉症の人に勧めたら、一度で効果てきめんだったという報告を聞いて、驚いたこともあります。

まあ、一度では効かなかった人もあり、健康はじっくりと獲得するものだと思いますから、あせらず頑張りましょう。

もっと安価にして、私が絶対的に信頼している自然の特効薬があります。

それはビワの種・ビワの葉です。

そもそもビワの木は生命力抜群の木で、寒暖関係なくどこにでも生息しますし、ビワの木が生えている近くの農産物は枯れてしまう、といわれるくらい、大地の栄養素を吸い尽くして生きています。

ビワの葉や種に含まれているアミグダリンが癌を治す、とアメリカで話題になり、ある医療機関がアミグダリンをビワから抽出して錠剤にしましたが、錠剤にした途端、効き目がなくなりました。自然の状態でしかその魔力を発揮しない、というのが不思議ですが、これは本当に効きます。

ビワの葉を実際やけどをした時に患部に巻いてみたことがありますが、一晩で見事に水ぶくれも痛みも無くなって驚いたことがあります。また、背中にできた脂肪のかたまりに貼ると、翌日には脂が出て、大きな吹き出物が治ったこともあります。

ひどい頭痛の人が頭に巻いて寝たら直ぐに効き始め、朝にはすっきり爽快だったという人もいました。

のどの痛みもビワからとったエキスでうがいすると、すっと取れてしまいます。

肝臓の悪い人の足の裏にビワの葉を貼って、その上に暖めたこんにゃくをのせて30分ほどおくと、足裏に接していた葉の部分の、ちょうど肝臓の反射区のところだけ真っ黒に変色していました。この時は神秘を感じたものです。

悪い患部にあたる反射区のところだけ毒素が出て黒くなるのです。

腎臓、肝臓、胃腸など、悪い患部の上に直接貼って、熱くしたこんにゃくや、温灸でしばらく温める、という療法で、確実に病状が好転した人も数あまたいらっしゃいます。

このような出来事を8年くらいの間に多数見てきて、これは本物だなあ、と感じております。

癌に効くのかどうか。

おそらく効くでしょう。

事例としても、末期がんの方が、毎日ビワの種を2個、まるかじりで食べている内に、とうとう癌を治してしまった、という実話があります。

まあ、アメリカでの事件も、単なる噂話を信じたわけではなく、相当はマーケッティングした結果のはずですから、癌に効く、というのは信憑性が高いと思います。

再び長い項目となってしまいました。

それだけ、癌というのは、ショックな病気の一つですから、いくら情報があっても良いのかと思います。

続きは癌の項目3で、また補足してゆきたいと思います。

癌の治療法のご紹介3

活性酸素は体の各期間に悪影響を及ぼします。

癌の原因になったりもします。

それを活性水素が中和することができます。

活性水素は普通の食品には含まれません。

世界の霊泉と呼ばれる湧き水には、飲むと病気が治る、ということで神の宿る神秘の泉として、水を求めて人が集まります。

日本の日田天領水、フランスのルルドの水、メキシコのトラコテの水、ドイツのノルデナウの水、インドのナダーナの水などがそれです。

この水の成分を調べると、普通の水に比べ、異常に水素成分が高いことが分かります。釘をしばらくつけておいても、なかなか錆びないほどです。

その活性水素、高知の土佐清水病院院長の丹羽耕三先生が、著書の中で、玄米を「土鍋で炊いた時だけ活性水素が発生する」と発表しています。

玄米は体に良い、ということで、見直されて暫く経ちますが、確かに白米と比べても栄養価が高く、しかも低インシュリンなので、肥満の方にもお勧めです。

その上に活性水素。

ただ、活性水素は、空気に触れた瞬間から、どんどん蒸発してしまうので、ゆっくりと噛んで食べる、という健康の基本からすると、ちょっと体に取り入れるには難ありのようです。

そこで最近は、「水素水」なるものが登場し−これは水の中に人工的に水素を混入したものですが−、これだと吸い口の部分が閉鎖されているので、充分に体に水素を取り入れることができます。

口内炎にも効果があると、公的な科学機関での臨床データも報告されています。

病気のペットに飲ませると、驚くべき回復を見せるようです。

体に害をなす活性酸素を中和してくれる訳ですから、悪いはずはありません。薬品ではありませんから、副作用もありません。

1日2リットルくらい飲むと良い、とされていますので、ちょっとお腹が張りますが。

ご興味と多少お金の余裕のあるかたは、水素水を毎日飲んでもよろしいかと思います。

いずれにしても、全ての病気は食生活と密着していることを忘れてはなりません。

脂っこいもの、甘いもの、肉類、アルコール、煙草、大食、不規則な食事、運動不足、過度のストレス。耳が痛いキーワードを並べました。

全てのキーワードとは縁がないのに病気になってしまったという方はお気の毒です。しかし、何か原因はあるはずです。病気は、生活のどこかにほころび画ある、という体からの無言のメッセージなのですから。

そうそう、店長もかなり耳が痛いキーワードがありますよ。

特にアルコール、なんて、煙草、なんて。

今まで店長はものすごい摂生をして超健康になった、って報告はなかったですよね。まだまだ、私も努力は足りないのです。

病気のときはたくさん食べた方が良い、というのは間違ったアドバイスです。お子さんは別としても、成人以降、年齢が高くなるほど、病気のときは食べないのが一番です。普段も食べないのが一番の健康法。もちろん食べるときは栄養のバランスを考えて、大食をしない、良く噛んで時間をかけて食べる。

ならば一日一食でも何の問題もない。事実そうやって人一倍健康に生きている人は大勢いらっしゃいます。

病気になるのは内臓や体の各器官が弱くなっているのです。それで食べてそうでなくても弱っている内臓をさらに鞭打って働かせてどうしますか。

風邪のときはなるべく食べないで体を温め、汗をかけば治りは早いです。

ダイエットも運動だけ増やして好きなだけ食べてたら痩せません。

運動せずひたすら食べないで我慢すれば痩せますが、一緒に筋肉も落ちてますます代謝が悪くなり、太りやすい体質を作ります。

バランスが肝心です。

さて、癌について最後にまとめたいと思います。

もし店長なら癌になったらどうするか。

(おそらく癌にはなりませんが)

1. 毎日暇さえあればウォークマットとグリグリ棒を使って足をマッサージする。一回に20分から30分集中して行う。

普段手を抜いている足の甲のリンパ、くるぶし付近のリンパも念入りに。

もし押して痛い箇所があれば、痛くなくなるまでやめない。

2. 一旦マッサージを終えるごとに水素水を200cc飲むことを忘れない。

3. 食事は玄米食を中心に、根菜、山菜、海草、ヒキオコシ、ツルナなど野菜中心。たんぱく質は小魚中心でとり、ゴマをたっぷりつかってカルシウムを補給するようにする。ジュース類、お菓子類、肉類、脂の多いものは食べない。

4. 但し、時に甘いものが食べたくなるかも分からないので、その時は「豚皮ゼラチン」を牛乳プリンにしてデザートで食べる(美味)。でなくとも日に10gは味噌汁にでも入れて飲む。

5. ビワの種を2粒ずつ毎日朝夕に食べる。

6. ビワの葉と温めたこんにゃくもしくは温灸で癌の患部の上に貼り、1日1回30分は行う。

7. お金があれば、フローラ・エッセンスを毎日指示量飲む。

以上、少なくとも1から5までは行いますが、病院での手術・治療は絶対に行いません。誓います(笑)

癌の方には笑い事では済まされないことだと思いますが、手術の選択ももちろん、賢い選択だと思います。今の医療技術は本当に目を見張るものがあり、優秀な外科医もたくさんいらっしゃいます。

早期発見なら、病院できちんと手当てを受けるのが安全でしょう。

そもそも民間療法に身を預けようと思ったら、そうとうな信頼と覚悟が必要です。ですから、私も強くお勧めすることはできません。

あくまでも私の独断では、病院での治療は拒否して、先ほどの習慣を取り入れ、天命を待ちます。それで死ぬようなら笑ってあきらめます。それが天命ということで何ら問題ないと考えております。

もし現在52歳の店長が今後どこかで病気で倒れるようなら、ウインターベル健康サイトで見たことは忘れてください。

皆様のご健康を心より願っております。

アトピーについて

店長が感銘を受けたお医者様で、土佐清水病院院長の丹羽耕三先生という方がいらっしゃいます。

お子様を小さい頃に癌で亡くされています。

お医者様として、自分の子供さえ救えなかったことが、先生の生き方を変えた、という話を、以前先生の講習会でお聞きして、深く感動いたしました。

講習をお聞きする前に先生の著書:『白血病の息子が教えてくれた医者の心』を読んでその壮絶で悲壮な話に感動しましたが、更に先生の口からご体験を聞いて、涙があふれました。

丹羽先生は、化学治療に頼らない、独自の療法を開発され、特に癌とアトピーの治療には大きな成果をあげていらっしゃることで有名です。

しかしそのことで、かなり医学界からの反発を受けたようです。

それでも、SOD製剤という、化学物質を使用しない製剤を基に、多くの癌とアトピーの患者さんを救ってこられました。

私が以前の会社で部下だった若者が、30歳の若さで胃潰瘍になり、腸にポリープもできました。ピロリ菌も発見され、胃を洗浄する薬を飲み、点滴をうち、それでもどんどん悪化して、消化器官がほとんど機能しなくなりました。

激しい胃痛と日に頻繁に襲ってくる下痢との闘いでした。

おかゆ程度のものしか食べられないので、一時激やせしましたが、毎日の点滴により、こんどはぶくぶく太ってきたのが妙でした。

もう死んでしまうのではいかと思いました。

その時に私が丹羽先生の講習をお聞きする機会があったのです。

そして、彼の病気は丹羽先生が治せるのではないか、と希望を持ったのです。

その部下は会社を辞め、高知の土佐清水病院の近くに越して、先生の治療を受けるようになりました。

丹羽先生に、現在の病院から処方されて服用している薬を見せたところ、何と先生は顔を真っ赤にして彼の襟をつかみ、「お前、死ぬ気か!」と怒鳴ったそうです。

確かに彼の胃は消化機能も失い、数ヶ月の化学療法で、胃壁もぺらぺらに薄くなってしまっていたそうです。

でも患者を救うことを、神からの使命と感じているという丹羽先生の情熱的なお話を聞いていたので、先生らしいなあ、と更に感動を覚えてしまいました。

先生は昭和7年生まれで、私の母と同い年と、ご高齢ですが、今でも現役でご活躍と聞きます。

結局私の部下だった青年は高知に半年通院し、東京に戻ってきて横浜にもある文院でメンテナンスを受け、とうとう病気を克服しました。

今は彼の地元の近くの会社に再就職し、元気に過ごしています。

丹羽先生がアトピーの研究を続けてらして、着々と成果をあげていらっしゃる時に、どうしても治らないアトピーの子供がいることに頭を悩まされていました。

そして、子供たちの生活をつぶさに観察された結果、アトピーが治らない子供たちに共通していることを発見した、と講習会でお話されました。

それは、チョコレートだったそうです。

チョコレートをしょっちゅう食べている子供。

これが、アトピーの治らない子供に共通している習慣だったそうです。

今は丹羽SOD様食品は、ネット通販でも購入できるようになりました。

是非アトピーでお悩みの方は、http://www.sod-jp.com/niwa/でお調べになるか、丹羽先生の系列病院でのご診察を受けてみられてはいかがでしょうか。

他にも民間療法でアトピーは治せますが、私個人としては、丹羽療法をお勧めしたいと考えてこのコラムを書いています。

アトピーも基本的には血の汚れが原因。

血液循環療法としての官足法、ウォークマットを使用しての治療でも治せます。

こちらの方法で、根底的な体質改善を行うことができますから、一度治れば、なかなか再発もしないで済むでしょう。

ただ踏むとかなり痛いはずですから、それに耐えることが前提となります。SOD様食品での体質改善を求められる方が楽かも分かりません。

その上でウォークマットを踏んでもらえると完璧なのですが。

病院まで足を運べない、お金もかけたくない、という方はウォークマットでOKです。

初めは痛いかも分かりませんが、頑張りましょう。

アトピーはおろか、諸病難病の予防も同時に行えます。

いずれでも構いません。

私はアトピーに関して、というより丹羽先生を尊敬しておりますので、自分のサイトを無視して先生のお勧め記事を書きました。

早く良くなるといいですね。

反射区について

反射区というのは、あまり聞きなれない言葉かも分かりませんが、官足法では体の各臓器に影響する、足にある末梢神経のことを言います。鍼灸でいう「ツボ」とは違います。鍼灸では「湧泉」とか、「合谷」といった、体の各所に散らばっていて、名前を見ただけでは何のことか分からないものばかりですが、反射区は足の裏と側面、甲に集中しており、「肝臓の反射区」「目の反射区」などと、何がどれ、とすぐに分かります。

反射区でいう「肺と気管支」、「副腎」あたりにある鍼灸の「湧泉」というツボは、体の疲労回復に効果があるとされているツボですが、これは官足法のセオリーとは別に、確かに刺激すると疲労回復の効果があるような気がします。

店長の私事ですが、ここはいつも踏みつけるとだるいような、気持ちいいような、何ともいえない感じで、いつまでも踏んでしまいますが、後で体全体が熱くなり、手のひらが真っ赤になります。温泉に入ったあとのような感じがするのです。

ですから私の場合、一通り官足法によるマッサージを終えたら、「湧泉、湧泉」と言いながら、そこのツボを踏んでフィニッシュします。

また、手のひらの親指と人差し指の間にある、「合谷(ごうこく)」というツボも、やはり疲労が溜まっている時などに強く押してみると、キーンと痛いことがあります。目の疲労、歯の痛み、肩こりなどに効くとされているツボのようですから、何か関係あるのでしょう。

時々、私は「合谷」をチェックして、「ああ、今日は好調」「今日はヤバイ」みたいな判断をしています。占いに近いものかも知れません。

「反射区」より「ツボ」の話が先行してしまいました。

「反射区」に戻しましょう。

ちなみに、今は健康に関する効能の表現について非常にナーバスになっているところがあり、他の紹介サイトを見ても、「保証するものではありません」とか、「個人差があって必ずしも治るとは言えません」とか注意書きを書いてあります。

非常に残念なことだと思います。

天動説の時代に地動説を唱えたら迫害を受けるような印象です。

少なくとも私はこの10年、官足法を始めて以来、多くの方を見てきましたが、特殊な病気を除いて、改善されなかった例を見たことがありません。

それでも「治るとは限りません」と表現しなくてはならないことが残念です。

もちろん西洋医学の裏づけがない、正しい研究データを積み上げて学会に発表して、公式に認められなければ医療とは認められないことは社会のルールですから、従うしかありません。「反射区療法で病気が治る、という保証はできない性質のものです。個人差もありますので、病気の方はまずきちんとした医療機関での診察をお受けくださるよう、お願いします。」

さて、「反射区」は主に足の裏と側面、甲に集中します。

特に足の裏には「肝臓」「腎臓」「心臓」「腸」という重要な臓器の反射区が「土踏まず」のあたりにあります。ウォークマットで足の裏だけを踏むことを始めただけでも、大きな体質改善が望める、ということで私がお勧めするのはそれが理由です。「肝臓」「腎臓」「心臓」は人間にとって一番重要な、血液の流れと浄化を繰り返しています。まずここを正常にしておけば、大病にならなくて済みます。同時に足の裏に長年蓄積した老廃物の汚れを取り去って、パイプ詰まりもなくなり、心臓への負担がぐっと減ります。高血圧などはあっけれかんと正常値に戻ってしまいます。

また、右足だけにある反射区「肝臓」「胆嚢」「盲腸」はきちんと位置を把握しておきたいものです。左足だけにある、「心臓」「脾臓」「肛門」の反射区も同様です。

しかし、初めはとにかくあまり細かいことは気にしないで、ウォークマットを踏んでも足裏全体に痛いところがなくなるまで続けられたらいいのです。

それだけで、特に意識してやった訳ではないのに、何やかやと体質が変わってきたことを体感できます。

因みに、残念ながらというか、「80歳を過ぎた高齢の方」と、「過去に何度も内臓の手術をして体に何度もメス」を入れた方に関しては、効き目が薄いと言われています。

確かに私もそのような例をいくつか見ています。しかし、努力次第だと思います。

他の人以上に頑張って、何も起こらない訳はないと思います。これは宇宙の摂理だと思います。

さて、ウォークマットを卒業できる頃に、いくつか不満が残ることがあります。

私の場合は、「気管支炎」「腰痛」「胃痛」「痔」が治らなかった。

「花粉症」「慢性鼻炎」「頭痛」「神経痛」「不整脈」「慢性筋肉痛」「目ヤニ」「虫歯」「肩こり」「内臓全体の不調」それこそ20年ものの持病は勝手に治ってしまったのですが。

なぜなら「気管支炎」は足裏にある「肺と気管支」の反射区マッサージだけでは効かないのです。足の甲にある「胸部リンパ」と「気管」の反射区に答えがありました。

ここはウォークマットでは用が足せません。官足棒なりグリグリ棒を使う、または「カニカニはさみちゃん」も良いでしょう。ここに強烈な痛みが必ず残っているはずです。

私の場合は、必死で1週間我慢したらピタリと治りました。もちろんその前に足裏の「肺と気管支」は完全にクリアできていたのですが。

足の甲には他に重要な「リンパの反射区」が集中しています。これは体の免疫機能を正常にする意味で、非常に重要です。「癌」「関節炎」「胆嚢結石」「腸炎」「下痢」「腎臓病」「鼠径ヘルニア」「感染症」「喘息」「子宮炎」「中耳炎」など多くの病気にとって重要です。

時に「癌」はリンパです。症状別治療法でも紹介しています。

「扁桃腺」「横隔膜」「顎」「平衡器官」、それに女性限定の胸(乳房)の反射区は足の甲です。

足の側面にも重要な反射区が多くあります。

「肩」「膝関節」「生殖腺」「股関節」それから特に女性に影響ある「腓骨筋」が足外側側面。

「腓骨筋の反射区」は月経不順、月経痛に効果があるとされています。

(店長は男ですから分かりません)

「鼻」と「副甲状腺」は足内側側面。

これはにっくき「花粉症」のツボ!です。

ここは器具を使うより、足心クリームなどを塗って、手の指で思い切りごしごししごく方が効果的です。季節の2ケ月くらい前からそなえておくと良いでしょう。

「脊椎」「腰椎」などの反射区がずらりとそろっているのも足内側側面。

腰痛の方は痛くて飛び上がる反射区です。

「坐骨神経痛」「神経痛」「脊椎損傷」「腰痛」の方の取っておきです。

最後に、「胃」「膵臓」「十二指腸」の反射区。

これらの反射区は、当然重要ですが、ウォークマットを普通に踏んでいるだけでは、意外に当たっていないことが分かります。なぜなら、微妙に足裏というより、足内側側面に寄っているからです。

店長はこれに気付かないでいて、胃痛がなかなか改善されず、あとからよくよく調べてみると、位置がちょっと難しいことが分かったのです。位置さえ分かれば、ウォークマットで充分対応できます。むしろ、私は棒を使うより、ウォークマットの方が楽に対処できました。15歳から44歳まで続いた「胃痛」とおさらばできたことは、本当に幸運でした。「○○漢方胃腸薬」を肌身話さず持ち歩いていたのに、今は薬箱の中で期限切れしています。

他に常備していたのは「頭痛薬」と「鼻炎用カプセル」「咳止め」の薬。

今は何一つ持ち歩きません。

最後にまとめ。

人生は一度きりです。

人生には人それぞれに違った色々な困難、苦痛もありますが、せめて「体の病気」による悩みは無くして、仕事に趣味に恋に育児に、そういった人生のロードレースを健康のままで戦いたいものです。

健康でさえいれば、何とかなるわい、と随分気が楽になりますよ。

だから、私は自分を救ってくれた官足法を多くの人にお勧めしたくてこのサイトを始めました。皆様の目で真偽を判断してもらって、もしちょっとだけ店長の話を信じてみる気が沸いた方は、お気軽に声をかけて下さい。

以上、反射区の概要、説明終わります。

ダイエット体験談Vol.1

皆様からのダイエット体験談と、当ショップからのコメントをいくつか掲載させていただきます。

何か共感できることや、参考になることがあれば良いですね。

ダイエット体験談

岡山県のすっすんさん(50代男性)

1か月、水炊き(ご飯無し)で12キロ減量したことがあるが、体に力が入らなくて断念した。極端な減量は禁物!

WB:

食べなければ痩せることは簡単です。でも体はへとへとになるし、病気にもかかりやすくなります。

1年くらいを目標にゆっくり痩せるのが良いのですが、我慢できなくなるのが普通です。

店長お勧めの、おにぎりダイエット&カレーダイエットで3ケ月である程度スルスルッと痩せれます。ちょっと我慢は必要ですが、確実に効果はあります。

愛知県のかずりんちゃんさん(30代女性)

りんごばかり食べたり、こんにゃくやのりを食べてやせたのはいいけれど、顔がやつれてげっそりとしてしまいぜんぜん健康的な感じではなくなってしまいました。

WB:

カロリーの低いものをお腹一杯食べる。

これも痩せれます。空腹も満たせます。

コンニャクばかり食べれば良いのです。

でも毎回コンニャクをお腹一杯食べ続けられるなら、誰だってダイエットに苦労しません。

なぜ出来ないのか。

飽きるからです。

もっと美味しいものを食べたい欲望が満たせないからです。

玄米おにぎりダイエットは具材を変えることで、意外に飽きずに続きます。

それでも、こってり好きの方は途中で爆発したくなります。ラーメン、カツ丼、焼肉!何たってこんな奴らにはかないません。

カレー粉でコレステロールを下げるカレーダイエットの併用をお勧めしてますが、毎日こってり系を食べないと我慢できない!という方、本気のダイエットはあきらめて下さいね。

過激な運動を取り入れるか、手術以外の痩身法はもう無理です。

兵庫県のつりきちじじいさん(50代男性)

去年の暮れにメタボを宣告され、自称グルメ通の為、食事制限は諦め運動に賭けました。10万円近くのクロスバイクを購入し、毎朝1時間付近の河川敷を走っています。ただだんだん単調になってきており、今では週に1度になっており、食生活の見直しも考えています。

WB:

ジョギングや自転車、なわとびや歩行、体操、本当はダイエットで一番有効だし、筋肉がつけば代謝率もアップ。食事療法のみで痩せるより、絶対運動が一番効果的です。

それは間違いありません。

でも運動すればお腹がすく。するとコッテリしたものが欲しくなる。汗が出るので、塩気の多いものが食べたくなる。その誘惑とも戦わなければ元のもくあみになってしまいます。

運動が続かないのはなぜでしょう。

単調で面白くないからです。

草野球やバレーボールをするのが好きで、一緒にやれる仲間がいるなら、そうしたやって面白いスポーツをするのが一番続きます。

でも毎日はできないし、そうした機会さえないことの方が多いでしょう。

運動もあまりせずに、ギリギリ我慢できる範囲で続けられる食事療法という方法が、長年チャレンジしてうまくいかなかった店長が、最後に成功したダイエット法が、玄米おにぎりとカレーダイエットの組み合わせです。

東京都のおぼこさん(30代女性)

ダイエットしなくてはいけないと思ってもきっかけがなかなかないし、まだ大丈夫かな?と思ったり逃げ道を作ってしまうことがあるので、そういうときは、自分の写真をとって、自分を自分の現実と対面させてやる気を起こさせます。

WB:

ダイエットを始めたら、とにかく毎日体重計に乗ること。それから毎日風呂上りに自分の裸を鏡に映すこと。

ちょっとの変化が励みになるからです。

もとに戻ったからといって挫けてはいけません。

努力は必ず報われる時が来ます。

愛知県のらんくるさん(30代女性)

朝だけバナナをやりたかったのですがバナナが苦手でできませんでした!!くやし〜!!

WB:

朝だけコンニャクでも、朝だけリンゴでも良いのですが、結局、昼夜こってりでは意味がありません。それくらいなら、朝もこってり、好きなだけ食べた方が精神的には良いでしょう。本気になってからダイエットを考えましょう。

愛知県のsakuramuさん(60代女性)

今ダイエット中で5キロほどやせました 意志が弱いのでとにかく甘いものと麺類とパンを減らしました その代わりご飯はどれだけ食べてもOKということに これがけっこうききました。

WB:

普段どのような食生活をされているかによってもダイエットの仕方は変わります。

・飲み物はノンカロリーのものしか飲まない(ブラックコーヒー、お茶、水、ダイエットコーラなど)。

・間食はしない(お菓子を我慢する)。

・寝る3時間前以降は食べ物を口にしない。

・ラーメンは単品で、ギョーザとチャーハンは頼まない。 

 もやしや野菜を多くのせて腹を満たす。

・電車で座らない。

これだけでもあとは普通に食べても充分痩せる要素がある方も多いと思います。

兵庫県の波4さん(30代女性)

カロリーのないガムを買ったりノンシュガーのジュースを飲んだり…。でもなかなかうまくいかない (´-ω-`)フッ =3

WB:

大丈夫。きっと成功します。

続けることです。

間食を我慢し、好きなお菓子類やジュースを我慢している訳ですから、あとは食事の仕方です。運動も食事もと欲張ると大抵続きません。

ある程度年をとるか、運動の環境がないところでは、やはり食事でのケアが早いです。

もちろん、ベストなのは運動です。それも筋肉をちゃんとつける運動。汗をかくだけの運動ですと、努力のわりに見返りが少ないです。

運動にするなら、基礎代謝のアップが効率的にできる体操が一番です。

長野県のhitoさん(30代女性)

10年前は、今より10kg以上太っていましたが、間食を控え、朝ごはんはたっぷりダンダン少ない量に変え、代謝アップを図ったところ、いつの間にか体重が減り、ずっと維持しています。

WB:

だんだん少ない量に、というのがポイントでした。

間食も控えるというのも大事です。

少ない量で1日食事を5回にする、というダイエット法もありますが、メニューに気をつけることが忙しくて大変です。それと、1日5回、何か物足りない食事をするのも、一見良さそうで実は辛いです。

宮崎県のよっしーさん(30代男性)

ビールダイエットがあると聞きろくに調べずに毎日ただ、ダイエットと称しビールを飲んでいた。

そうしたら逆に太った。

WB:

ビールはご飯と同じ。たくさん飲めば太ります。

いっしょに焼き鳥を食べ、ギョーザを食べ、焼肉を食べて太ることは超簡単です。

神奈川県の大社長直ブーさん(40代男性)

高校の夏休み、毎食「ミューズリー」でマイナス5kg

WB:

確かにミューズリーは栄養豊富で、植物繊維も多いので、満腹感を得やすく、腹持ちも良いので、朝食に最適だと言われています。

飽きずに出来る人はそれで良いのです。

結局、リンゴだけ、バナナだけ、コンニャクだけ、ゆで卵だけ、極端には肉だけでもダイエット可能です。栄養価を考えたら確かにミューズリーの方が良さげです。

飽きずに続けられるのか?それだけです。

愛知県のcoco8さん(30代女性)

中学の頃、ダイエットスーツの変わりにラップをくるくる巻いてゴミ袋をかぶりその上にジャージを着て夜な夜な走ってました。半年で6きろほど落ちましたがあの努力は今はできませんね。

WB:

ですね。

やればできる。やらなければできない。

ダイエットって簡単です。

簡単じゃないのは、そこまで忍耐力が続かないこと。

楽して食べて痩せたい。100%みんなそう。

掃除機みないなので、脂肪だけキューっと吸い取ってもらうのが楽そうに見える。

でもお金がかかるし怖い。

それをやっておへその位置が変わっちゃった、なんて話もあるし。

少ない努力で痩せる方法もあると思います。でも努力なしで自力で痩せる方法は100%ありません。

埼玉県のna-o-miさん(30代女性)

今がんばって??白湯ダイエットをやっています。まだ効果はちょっとしかあらわれてないけど、もうちょっと続けてみたいです。

WB:

白湯もこんにゃくもリンゴもバナナも色々混ぜた方がまだ続くと思います。

飽きちゃうんです。

美味しいものが食べたいから太っちゃったんですから。

カロリーのないものをおなかいっぱい食べて痩せることは誰にでもできるんです。

飽きちゃうんです。

広島県のよまたけさん(30代女性)

こんにゃくでできたラーメンを最近食べてます。お昼ごはんをそのこんにゃくラーメンに変えるだけなんですが、2キロ落ちました。ダイエットはいつも途中で体重が減らなくなるので、続くものを知りたいです。

WB:

人により違いますが、途中で落ちなくなるのが普通です。

落ちなくなっても続けること、よりハードルを高くすること。これしか壁を越える方法はありません。

ハードルを高くするとは、よりカロリーを押さえる、運動を取り入れることです。そして無理せず長丁場で考えることです。

神奈川県のyassan83さん(30代男性)

とにかく忍耐力につきると思います。欲を抑えればそれなりに結果は出ました。私は食べる量・回数を抑え、好きなお酒もかなり減らしたら、9kg落ちました。(精神衛生上はあまりいいとは思いませんが)

WB:

いえ、精神衛生上は、痩せたことで満足感が得られれば、報われます。

着れなかったサイズの服が着れた時、人から痩せたと言われた時、幸せな気分になれるなら、忍耐力さまさまです。

忍耐力がないから続かないのです。

少しの忍耐力でも時間をかけて痩せられるなら、それでも良いのです。

忍耐力なしで痩せられる方法が発明されたら、世界市場独占でしょう。

....Vol.2へ続きます。

ダイエット体験談Vol.2

北海道のkinさん(40代男性)

毎日、豆腐一丁と野菜サラダという食事で、やせたこともあります。りんごダイエットはチャレンジしましたが効果はありませんでした。

WB;

リンゴだけでも痩せられるはずですよ。やってる方向は同じですから。朝、昼、晩、リンゴ1個と水以外口にしない。これで痩せれなかったら、あなたは痩せてはならない使命があるのです。

千葉県のかっぱ5さん(30代女性)

キャベツダイエットというのを半年前くらいにやりました。夕飯をキャベツとドレッシングだけというものですが、すぐに飽きて断念してしまいました。毎日同じものだと、どうしても飽きてしまいますね。

WB:

誰もが同様の理由で、いろんなダイエットを挫折します。キャベツに痩せる成分がある訳ではありません。摂取カロリーを低く抑える、という何百通りもあるダイエット手段の一つに過ぎません。キャベツを始めに食べてから、食事をする。これも単に、カロリー抑制手段です。お腹を満たすものを変えただけの話。

良く、バナナを食べて普通の食事もして痩せた、などという話も聞きますが、そういう方は知らず知らず普通の食事の摂りかた(量や時間や食べ方、カロリーなど)を制限しているはずです。

石川県のtaronyankuさん(50代女性)

低インシュリンダイエットで3ヶ月10キロ落とせましたがリバウンドはそれ以上でした。

WB:

この方は3ケ月も努力を継続して低インシュリンダイエットを成功者させた数少ない勝ち組でした。

リバウンドは単に努力をやめた結果なので、当然と思われます。

食べ過ぎないことに慣れる、習慣になる、ことがリバウンドを避ける唯一の方法です。

痩せて綺麗になりたいなら、そう思っている間は努力し続けなくてはなりません。

長崎県のチャチャ君(20代女性)

毎日半身浴で1年で15KGやせましたwww根性や〜〜〜〜〜〜〜今母がダイエット中w

WB:

半身浴は素晴らしい健康法です。血行を良くし、全身に潤いを戻し、冷え性も改善します。脂肪も燃やすので、汗をかいて痩せることも可能です。

もちろん好きなだけ食べてということはあり得ません。

東京都のMOMOCCOさん(30代女性)

炭水化物を1ヶ月抜いて、サイズダウンに成功した。鶏がらを使ったスープを毎日飲んでいたので肌も荒れなかった。

WB:

炭水化物だけが悪いわけではありませんが、抜くのであれば、一番ダイエットには有効でしょう。GACKTさんも良く炭水化物は食べない、とおっしゃってます。カレーは食べてもルーだけとか。本当はラーメンなど大好きなのでしょう。年に一度、自分へのご褒美として、ラーメンを食べに行くとか。でも、炭水化物を食べない、ということは美味しいもの、好きなもののほとんどが食べられないこと。つらいつらいダイエットです。

新潟県のほまれさん(20代女性)

夕飯のみを、炭水化物抜きにするダイエットをしました。1年ほどで、マイナス約8kg!!いまだにリバウンドなしです。

WB:

前に同じです。この方がリバウンドなし、というのは、努力を継続されているということで、すっかり止めたのに、ということではありません。皆様はここを間違えると、落胆することになりますよ。

大阪府のまみむめもさん(20代女性)

りんごダイエットが流行ったとき、りんごのみ食べ続け、貧血で倒れました・・・。

WB:

当然です。

でも痩せれます。

お医者様には怒られそうです。

北海道のみっちさん(10代女性)

飲み物全てコーヒーにするのですが 濃いと胃が悪くなるので アメリカンより薄いものを ただ毎日ひたすら飲みました。食べる物はいつも通りです。3ヶ月程すると見た目がびっくりするほど痩せ 体重もすごく減りました。

WB:

コーヒーは砂糖が悪いので、ブラックならそれだけで胃を悪くすることは余りないと思います。余り濃いものは当然カフェインが多いので、胃をやられることはあります。

それに、脂肪吸収を抑える働きがあると言われているので、本当にこの方のように、コーヒーだけで痩せられたら、GOODですね。まあ、10代の方なので、追い風参考記録とさせていただきます。

愛媛県のあささん(20代男性)

某番組の企画で納豆ダイエットが流行り当時の彼女と納豆ダイエットをしたところとにかく彼女が2週間で5キロ近く痩せてビックリと思いきやガセネタということが発覚した。あの痩せ方は一体なんだったのでしょう。

WB:

そんなに不思議ではありません。

とにかく大豆食品の王様は納豆や豆腐です。

ソイジョイも良いのですが、肉や魚を避けて大豆からタンパク質の補給をすること。

これは大いに健康的なダイエットが期待できることではないでしょうか。

基本的には、納豆だけでダイエットはできません。

食事に対する、自主制限、カロリーコントロール。

そんな努力は欠かせないのです。

福岡県のノブさん(30代男性)

ソイジョイ・豆乳を使ったダイエット。朝、この二つを同時に摂取すると、昼、そんなにおなかがすかず、昼もスープ類とソイジョイを取り、夜は軽めに済ます。これで、一ヶ月で5キロ落とすことに成功しました。

WB:

前の方と似たような成功例ですね。納豆と豆腐でもいけそうです。

さらっとおっしゃってますが、夜は軽めで我慢できることが既に成功が保証されてます。

これが大変なんです。

北海道のユリカゴーさん(20代女性)

色々な方法を試みてきましたが、食べないで痩せるというのは一時的には体重減しますが、やはり一時的なものであり、きちんとバランスよく食べながら運動する方法が1番徐々に体重も落ち、体の調子が良いと最近思うようになりました。

WB:

徐々に体重を落としていくということが、そのダイエット法も自分の中で定着・習慣になっていきますが、じれったいし、すぐに達成感がわかないので、つらいですが、実は一番リバウンドしない方法なのです。

当店お勧めの「おにぎりダイエット」と「カレーダイエット」は痩せ方はゆっくりですが、朝昼の大食や高カロリー食を無意識に避けるようになり、リバウンドしなくなる手段としてはお勧めです。

北海道のsnow-whiteさん(30代女性)

夏にそばや素麺ばかり食べて5キロほどやせたことがありますが、すぐにリバウンドしてしまいました。

WB:

リバウンドはそれをやめたからでしょう。

おかずを食べずにごはんだけでも痩せれます。

あまりに味気なくておかわりする気も起こらなくなるでしょうし。無茶なダイエットは一時的には痩せても結果的には成功しないようです。努力を無駄にしないためにも、コツコツと少しずつ続ける方が、お得なようです。

栃木県のぶんちゃんさん(30代女性)

リンゴ・バナナ・白湯ダイエット・・・色々試しました。一時的には痩せるが、どれもスグにリバウンド。しかも、貧血気味に鳴ったり、肌の調子が悪くなったり・・・。成功した!と思った事がありません(T_T)

WB:

今までの失敗談を先に知っていらっしゃれば、悲しい思いをされずに済んだかも知れませんね。今からの方は是非参考になさって下さい。先人の轍を踏みませんように。

神奈川県のさいさいさん(20代女性)

オルビスの一食置き換えダイエットで少しやせました。

WB:

高いお金を払って、1食だけ低カロリーで済ませて痩せよう、なんてことですね。これが大ヒットということですね。色んな商法があると感心致します。

一食だけリンゴ1個でも同じじゃないのでしょうか。

コンニャクならもっとカロリー低いです。

これは栄養価が高いんです、という言葉に誘われてしまいますね。

でも他の2食で充分栄養は取れると思いますが。

1日2食で我慢できれば、お金もかかりませんが、いかがでしょうか。

1日1食で健康かつ長生きをしていらっしゃる方がいらっしゃるのもまた事実です。

余りダイエットにお金をかけるのは、努力がない分すぐにリバウンドしてしまうことは、ここまで読んでいただいた方はもうお分かりですね?

それではこれから本気でダイエットに取り組んでみよう、という方、失敗しないダイエット、自分にあった無理のないイエットでお願いしますね。

努力はここまでしよう!

とまずは自分でラインを決めることです。

そして決めたら絶対曲げないこと。

これしか成功の秘訣はありません。

頑張って下さい!!

足がつる方へ2



当店にお越しになる方の中に、「足がつる」ので、対処法はないか、という方がずいぶん多くいらっしゃいます。

夜明けに息を殺して足を抱え、足つり状態が自然に去ってくれるまで、顔をしかめながら、実際以上に長く感じる時間を過ごさなくてはなりません。

それがたびたび続くと、もう朝方足がピクっと感じた瞬間に恐怖で飛び起きてしまう。

これ病気でしょうか。

筋肉疲労でしょうか。

老化現象?

命までは奪われるとは思えませんが、あの痛さは情けないほどつらいものですね。

さて、この一見軽そうな病気、どうも軽くは治ってくれないようです。

ふくらはぎには、足つりに効くツボもあり、ふくらはぎを良くもみほぐすのが有効、とか、漢方の芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)が効くとか、色々言われています。

官足法では、1の項でも述べたように、

にふくらはぎ全体を毎日良く揉んで、柔らかくすること。

に副甲状腺の反射区を良く揉んで、カルシウムの吸収を良くすること

が対処法となっています。

私が体験を書かせていただいたのには、もう一つ理由があります。

足つりの原因は、脊椎疾患、嘔吐、下痢、糖尿病、腰痛、椎間板ヘルニア、静脈瘤、甲状腺機能低下、肝炎、肝硬変、低ナトリウム血症、尿毒症、糖尿病、動脈硬化症、神経系の病気、貧血、疲れ、冷え、などなどの病気が原因とも考えられるそうです。

でも実はそれらの病気のほとんどは全て内臓系の病気。

しかも、反射区は足の裏に集中しています。

ということは、足裏全体をマッサージすれば根本的問題も解決できそうですね。

間接的にはマグネシウム・ビタミンEの不足、アルコールの飲みすぎ、筋肉の疲労、運動不足、水分不足、食生活の乱れ、ダイエット、不規則な生活、薬の副作用、偏食、寝不足、などが原因とも考えられているようですが、これ、不思議なことに、水分不足以外は全て私の生活習慣と一致。では当然ながら当時の私はパーフェクトに足つりしていた訳ですね。

ただ、その生活習慣は今も変わっていないことを考えると、もう10年近くも「足がつる」という現象から開放されたのは、単に足にゴミ(老廃物)がつまって、リンパ液や血液や、体を修復させるための循環や細胞への栄養補給ができていなかったことが、私の足つりの原因だったと、私自身は確信しています。諸病を治すことで、副産物的に足つりも治ってしまったのです。

私がウォークマットをお勧めする理由は自身の体験からに他なりません。

 

それでは、治すのに色々と器具を買わないとならないのか?

そんなことはありません。

自分の指と手でマッサージはできますし、ウォークマットの代わりに丸い石ころを拾ってきて毎日踏みつけても良いのです。

ただ、効率よく効果的に、早めに治してしまいたい、という方には官足法のツールはとてもメリットがあります。

使う使わないは自由なのですが、とにかく、

ふくらはぎと足の裏、足の側面にある副甲状腺の反射区

反射区

ここを毎日もみほぐすようにして下さい。

全てが相乗効果を発揮して、気がつけばいつのまにか、あれ?ってことになりますよ。

是非足つりでお悩みの方、頑張って下さい。



<><><><><><><><><><><><><><><><><>
足つり・筋肉痛治療セット

拡大表示

足つり・筋肉痛治療セット

定価:
12,430円(税込)
価格:
12,000円(税込)
購入数: セット
返品期限・条件返品についての詳細はこちら

商品についての詳細はこちら




その前に一度官足法をおためしで体験してみたい

というかたには、「官足法おためし3点セット」(1,000円税込・送料込)がお勧めです。

商品の内容についてはこちら
<>
官足法 おためしセット

拡大表示

官足法おためしセット

価格:
1,000円(税込)
購入数: セット
返品期限・条件返品についての詳細はこちら

気管支炎・喘息の反射区治療

気管支炎

気管支炎はつらい病気ですね。

体は正常に動くので、そのまま仕事や日常の業務をこなしていらっしゃることでしょう。

けれど、なにかしゃべろうとすると咳。

ラーメンをすすろうとすれば咳。

1ケ月も止まらない。

お医者さんに処方してもらった咳止めもなかなか効いてくれない。

反射区治療のポイントもなかなか多い。

足の裏、足の甲、足の側面。

治療に必要な反射区が散らばってます。

実際気管支炎が治せる頃には他の病気も抱き合わせで消えてしまうくらいです。

では、必要な反射区をご説明してまいります。

まずは足の裏の反射区。

「肺と気管支(14)」そして「副腎(21)」これは両足裏の、小指から人差し指の間の下側、かなり広い部分が「肺と気管支」、その真ん中あたりにくっついているのが小さな「副腎」です。

「ウォークマット供などで、まんべんなく踏めば自然に行き渡ってマッサージができます。



次に「副甲状腺(13)」

これは足の内側側面にあります。

皮の薄い部分ですから、手のこぶしや、「グリグリ棒」などでマッサージします。「足心クリーム」を始める前にぬっておくと皮膚を傷つけません。

あとは足の甲にある「胸部リンパ腺(41)」と足の甲の上部、くるぶし近くにある「上半身(39)と下半身(40)のリンパ腺」。ここをもむのには「グリグリ棒」か「赤棒」、「G棒」が効果的です。

体の抵抗力を増進するのが目的。癌などの病気にも同様です。



喘息

喘息は気管支炎と同じ反射区に加えて、足の裏にある「腎臓」「輸尿管」「膀胱」の反射区のケアが必要です。この反射区の目的は喘息の原因となっている体の毒素を排出することです。「膀胱」の反射区はやや足の側面にかけて広がっているので、工夫が必要です。

ここでも「グリグリ棒」が役にたちます。

全て自宅でできる治療です。

時間帯はいつでもかまいませんが、足の裏は最低15分、その他の反射区はご自分でできる範囲で時間をかけてマッサージしましょう。

開始前30分以内は食事を控え、終了後には白湯を飲むことも重要です。

ウインターベル健康ショップでは、「気管支炎・喘息治療セット」をご用意しました。

胃腸病の治療法

胃腸の病気は、胃と腸の反射区を揉むことで良くなります。

ひどいものはリンパ腺の反射区も追加。

ただ、基本は足の裏を中心に足全体を良くもみほぐし、硬いところや痛いところを残さないのが絶対条件です。

他を触らないで、胃の反射区だけを揉んでも効果は遅いです。

また、食事や生活、ストレスの過小、アルコールや刺激のある食品の摂取の多少によっても胃腸の状態は変化してゆきますので、日々のケアが必要です。

毎日ウォークマットを15分あるいは、隔日でも良いから、踏むときは15分以上踏むように心がけて下さい。


ウォークマットを使わないで、官足棒、グリグリ棒、あるいは
100円ショップの棒でも指でも何でも良いのですが、足の裏に関しては、痛い部分をつい加減してしまうので、加減しにくいウォークマットを推薦する理由です。

胃の反射区は足の内側側面にあるので、ウォークマットを使うときは、少しコツが必要ですが、慣れればちゃんと効くように踏むことができます。

腸の反射区は足の裏、かかとの手前あたりがすべて腸の反射区になり、盲腸、肛門の反射区もあります。

痔の病気を持つ方は、もともと腸に問題がある場合も多いのです。

反射区マッサージで必ず胃腸の機能は回復します。

だかと言って暴飲暴食しても良い、という訳ではありません。

が、社会に生活するあなたにとって、お付き合いなどもありますし、お酒を飲まれる機会もあるでしょう。

基本的にお酒の好きな方も多く、お酒をやめるなんてとても・・・

やめなくても良いのです。

反射区のマッサージで日々ケアをしましょう。

それでもにわかに深酒などして、翌日便が緩くなったり、お腹の調子を崩してしまう時があります。

そんな時即効で整腸してくれる宝物があります。

それは「梅肉エキス」です。

スプーン1杯お湯に溶いて飲むだけ。

これで嘘のようにスッキリ。

胃も腸も本来の調子に戻ってゆきます。

足の甲の痛み


足の甲の痛みについて

足の甲の指に近いところは、ちょっと触っても痛い、という方が圧倒的に女性に多いのですが、男性はそれほどでもない場合が多いです。
共通するのは、足の甲のむくみ。
老廃物がたまってしまい、それが細胞を刺激して、触れると痛いのです。
放っておいて良いことはまず、ありません。

靴がはけなくなったり、諸病の原因にもなってゆきます。
病気で亡くなる寸前の方に、この足の甲が腫れたようにむくんでいる方がいます。

甲の中央には女性は特に胸(乳房)の反射区があり、心配なところです。

反射区 乳房

親指と人差し指の間には胸部リンパ腺の反射区。

このあたりは特に刺すように痛い。

押すとみぞおちの上辺りがキューっと痛む方もいます。

指の付近になると、特に目の反射区が集中しています。

反射区の図表には描かれていませんが、目の反射区は裏側だけではなく、指の表側も反射区にあたります。

目や耳に何か問題がある方は、指の裏だけでなく、表の方もよくマッサージした方が良いでしょう。特に親指は重要です。首から上のほとんどが関係しているのが、親指。

また、女性は窮屈な靴を履くケースが多いので、外反母趾や、小指や親指の皮膚が固くなっている人、タコができてしまっている人も多いのです。
親指が固くなると、花粉症や鼻炎になりやすくなります。

外反母趾

タコやしこりが指の表にできれば目の問題、小指にできれば耳の問題を持つといわれます。


グリグリ棒やはさみちゃんなどの器具を使えばシコリやタコは柔らかくなっていずれは取れてしまいます。指の周りは皮も薄くて、マッサージしにくい部分なので、ついつい省いてしまいがちですが、目・鼻・耳・口に煩わしい症状を持つ方は、とにかく指をマッサージして下さい。

 

足の甲全体は、赤棒、赤棒ミニ、G棒などの健康器具がマッサージしやすく、最初痛みはあっても、毎日マッサージを続ける内にむくみも取れて痛みも消えてゆきます。

  

他にも胸と気管、扁桃腺、横隔膜といった、咽喉、胸の周辺の反射区が集まるのが、足の甲です。


このあたりが痛いということは、胸から上に障害がある、もしくは起こりはじめる前兆です。良くマッサージして痛みを取りましょう。


是非靴だけは足を締め付けないものを選んで履くようにしてくださいね。



仕切り線


足の甲について


足の裏と違い、摩擦の少ない足のこの部分も、老廃物、リンパ液などの溜まりやすいところです。女性には特によくここがむくんでいらっしゃる方が多いです。

足の甲がむくんでいるのは良くないことです。
当然のこと、足の裏も大変なことになっていますので、まず、足の裏から、溜まりに溜まった老廃物(これが足の痛みの原因です)を強くマッサージして取り除くことから始まり、足の甲は触るのも嫌なくらい腫れて痛い方がいますが、足の甲は一旦、こぶしなどで、グリグリとしごいてやる必要があります。
痛くて我慢できない、という方、実はもっと優しい方法はないのです。
常日頃、少しづつでも良いから、しょっちゅうマッサージして慣れてゆくしかないのです。
痛くないようにやれば痛みが消えるまで、ただ時間が長引くだけです。

胸(乳房)、横隔膜、胸部リンパ腺、声帯、咽喉、気管、平衡器官が足の甲にある反射区です。
このあたりがむくんでいる方は、足の裏にもたくさん老廃物が詰まって、血管を詰まらせ、全身の血行が悪くなっています。冷え性の原因にもなっています。



ですから、足の甲だけ揉んでも意味がありません。
足裏の反射区全部が痛いはずです。
足の裏を指で押してマッサージすることはできます。
しかし、時間がかかりますし、指も疲れます。
自分で自分の足をもむと、加減してしまいます。
これでは、だめなのです。

良くないことは、強く押した時に痛いということです。
本当に健康な人は痛くありません。
子供はジャリ道を裸足であるいても痛くないのに、大人になるとジャリ道は痛くてとても裸足ではあるけません。


痛い原因は足の裏に溜まった老廃物が細胞にチクチクささっているからです。
老廃物は強く押すことで徐々に砕かれて無くなってゆきます。血液やリンパ液の正常な流れを取り戻し、体中に免疫機能が行き渡るようになると、病気にはなりません。高血圧など、あっというまに下がってしまいます。
免疫はもともと人間に備わっているものなのです。

でも、、、

そこまでの道のりが痛くて長い、、、

その通りです。

しかし最短距離で行こう、という方には絶対反射区マッサージがお勧めです。
スピードではこれに勝るものは存在しません。

ご興味をお持ちになったかたは、こちらをご覧いただければと思います。



官足法 関連情報

官足法 良くある質問 官足法グッズ FAX注文 官足法 健康器具 お支払方法 官足法 このサイトでできること 官足法 会員登録について 官足法 足もみ十訓 ウインターベル健康ショップ 店長ブログ ウインターベル健康ショップについて 官足法 病気・症状別 お勧め商品 官足法 疲れを癒す器具 官足法治療 6ケ月無料アドバイス 官足法健康器具 ポイントバック 官足法 全商品リスト 官足法 反射区図表 官足法を学べる商品 ウインターベル健康ショップへのお問い合わせ

官足法 注文・支払い方法
官足法 モニター会員登録
    

足がつる・足つり(こむらがえり)

足がつる(こむらがえり)


年を取ると足がつりやすくなります。
夜中・朝方に突然襲う痛み。


直前にピリっときて目が覚め、慌てて止めようと思っても間に合わない。
ふくらはぎの筋肉がつって盛り上がり、痛いままなかなか元に戻ってくれません。
ようやく収まると、あとは筋肉痛です。


病気ではないし、筋肉の痛みだけ。病院や薬のレベルでもない。でもちょくちょくつってしまうのがどうもうっとおしい。何か足がつらなくなる妙手はないだろうか。


そんなあなたが今このページに辿り着いたのではないでしょうか。


足つりの原因のほとんどは、足にたまった老廃物による「血行不良」と副甲状腺の機能衰退による「過敏症」です。

副甲状腺が弱ると体のカルシウムの吸収力が弱くなり、筋肉が痙攣しやすくなります。
また、花粉症などの過敏症、腰痛、骨粗しょう症、白内障などの原因にもなります。


それも元々は足に溜まった老廃物による、血管の詰まり、血行不良が原因です。


てっとり早く足つりを治したい方は、足の裏を良くマッサージして下さい。
といっても、足裏に溜まった老廃物は人力で取るのは無理。
フットマッサージのお店で強くマッサージしてもらっても取れることはありません。


自分の体重に勝る力はありません。
そこで、当店では非常に安価ながら、足裏マッサージには抜群の効果がある「プチマット」をお勧めします。(定価2400円)
病院の初診料くらいで一生使えます。
毎日ただ踏むだけで足裏の老廃物もしこりも取れます。

官足歩行板 官足歩行板

足つり予防は万病の予防でもあります。

もう少し上位の器具にご興味があれば、ウォークマット供閉蟆6800円
)をお勧めします。

官足法ウォークマット+裏板

中央に丘陵部があり、土踏まずのマッサージがとことん行えます。

指や骨の間もマッサージできるよう、色々な設計上の工夫もされています。

でも取り合えずマッサージの効果を実感してみようという方は、プチマットでも充分実感できますので。一度お求めになってみて下さい。

因みに「副甲状腺」の反射区(ツボ)は、親指のサイドにありますので、ここはクリームを塗って指で良くしごくなり、当店でも扱っております「グリグリ棒」でも楽にマッサージできますので、ご興味があれば、こちらもお使いになると良いと思います。(定価630円)

反射区 


官足法 関連情報

官足法 良くある質問 官足法グッズ FAX注文 官足法 健康器具 お支払方法 官足法 このサイトでできること 官足法 会員登録について 官足法 足もみ十訓 ウインターベル健康ショップ 店長ブログ ウインターベル健康ショップについて 官足法 病気・症状別 お勧め商品 官足法 疲れを癒す器具 官足法治療 6ケ月無料アドバイス 官足法健康器具 ポイントバック 官足法 全商品リスト 官足法 反射区図表 官足法を学べる商品 ウインターベル健康ショップへのお問い合わせ

官足法 注文・支払い方法
官足法 モニター会員登録


    

肩こり解消法

肩こり解消法


30歳も過ぎてくると、段々肩こりでない人を探すほうが難しくなります。
子供の頃から青年期にかけて、肩こりなど気にしたこともなく、大人が肩こりで辛そうなことなど他人事でした。


ところが、いつの頃からか、肩がだるくなり、肩を回して、首をひねって、自分でもとんとん叩くと肩が凝っているのが分かるようになります。


頭痛にしても胃痛にしても肩こりにしても、何年何月何日に突然襲ってきました、などという記憶がなく、気がついたらいつの間にか悩まされることが多くなっています。
意外と覚えているのが花粉症でしょうか。
何歳くらいの春に突然現れた鼻の粘膜の不快感。鼻水とムズムズ。
単なる風邪だったら良いのにと思ったれど、長引く症状は明らかに花粉症。
その時のショックで意外に覚えているものです。


ところが肩こりなんていつ頃からかなど、はっきり覚えていません。
昔からだったような気もするし、酷くなったのは最近のような気も。
じわじわと、ひっそりと異変は起こってゆくので、ある日パッと気がついた方などいないでしょう。


時を同じくして、かどうかは分かりませんが、足の裏にもじっくりと異変は起きています。
普通に生活している限り誰もそれに気がつきません。
年のせいか疲れやすくなった、動悸や息切れなど健康上の不安を感じた、そんな時にふと街の足裏マッサージ屋さんのお世話になってみたりする。
そこで、始めて、足の裏が「いたたたっ!」ということになります。


初めて足裏を揉んでもらったが、それはもう痛いのなんのって・・・。
実は笑い話で済ませてはいけないのです。


元々人間の体は四足の動物と同じ設計でできていた訳ですから、二足歩行になって、色々と不都合が出てきました。腰痛に肩こりです。重い荷物を持って腕をぶらりと下げて歩くようなことは、四足の動物はしません。ミーアキャットは立ち上がって遠くの敵を気にしますが、ずっと立っている訳ではありません。
立っている間、腰には負荷がかかります。


腰痛も肩こりも共通することは、血液のうっ血で起きていることです。
なぜ血液がうっ血するのでしょう。
単に血の流れが悪いからです。
きれいにスムースに血液が循環していかないからです。


本来の姿勢ではない、肩と腰にそれが顕著に現れます。
そもそも全身の血行が悪いのです。


なぜ全身の血行が悪いのでしょうか。
若い頃に体を冷やしすぎた。食生活も偏っていたように思う。
職業的に肩や腰にひどく負担をかけた。
血管が細くなった、狭くなった、固くなった。
血液がどろどろだ。心臓の力が弱くなった。
体のあちこちに何か悪いものが詰まっている。


大抵どれも正解です。


血液は、本来ちゃんとした血管という通り道が確保されていなくてはなりません。
その血管が収縮したり、固くなったり、汚れが付着して狭くなったりすれば、当然流れが悪くなります。
血液自身も、きれいな小川の水のようであれば、スルスルと血管を通り抜けてくれるであろうはずなのに、色んな不純物が混ざって、どぶ水のようであれば、色んなところで淀み、溜まりをつくってしまいます。それがうっ血の正体です。


うっ血して凝りがあるところをトントン叩くと気持ちがいい。
でも肩凝りがそれですっきりと解消した、などという話は聞いたことがありません。
もちろんその時はすこしうっ血も散って楽になった気がしますが、血液と血管の状態が変わった訳ではありません。加えて心臓の拍動が弱いことも治せません。
すぐにまたお馴染みの肩こりです。


体のあちこちには何か不純物が詰まって堆積して血流を阻害していることが一番の問題なのです。その顕著な場所が足の裏であり、次いで足全体、ふくらはぎ、膝と膝裏、太ももからももの付け根までということになります。
とにもかくにも、足裏の詰まりが最もひどい、80%は足裏に問題あり、とそう考えて間違いないのです。


さて、ここまでは全身の血行が肩こりや腰痛の大元の原因であることをお伝えしました。
もちろん、肩や腰に負担がかかるようなお仕事や生活をなさっている方は、そのことが拍車をかけることになっていることもあります。


官足法、という健康法の考え方は、全ての病気や辛い症状は、血行の状態に始まるということです。ですから、その血行を阻害することになった、老廃物の詰まりを足裏から膝上まで完全になくしてしまえば、どんな病気であれ、改善、完全治癒に向かうこと間違いなしという確信を持っているのです。


その後に、あるいは同時に「反射区」という神経の末梢的反射効果に対する期待があります。一般に言う「ツボ」のことですが、針灸などで使われるツボとは、位置も名称も効果の行き先も違うため、反射区という言葉を使います。


「肩こり」を治す反射区はあるのでしょうか。
答え、「あります」。


猫で例えるなら足の肉球のところですね。
土踏まずが始まる境目から、足の指に向かって2cmほどのエリア。
それが「肺と気管支」を刺激する反射区ですが、ここから更に指の付け根までの2cmほどのエリア。それが「僧帽筋」の反射区エリアです。
首と肩に刺激を与えるスイッチが僧帽筋の反射区です。
右足には右半分、左足には左半分に対応する神経反射区があります。


ウォークマットのような、足踏みで反射区を刺激できるツールを使った場合に、最も良く当る場所の一つが、この「僧帽筋」反射区です。
15分を超えて刺激を続けると、サーモグラフでも分かるほどに「首・肩周辺」の血行が促進され、温度が上昇します。
もともと血のうっ血で起きているのが肩こりですから、この反射区の刺激は、肩たたきよりもはるかにもってこいの対処法なのです。


うっ血の状態によって個人差があることは予めお伝えした上で、この肩こり、そして首凝りに悩まれる方の多くは、「僧帽筋」反射区の刺激で楽になることが数多くの実例で分かっています。


恒久的に肩こり・首凝りにならない体質を作り上げるには、反射区刺激で楽になったことに満足せず、足裏全体を良く揉んで、こびりついた血液のカスを取り、全身の血行を良好にすることが大切です。


それは同時に万病への予防対策になっています。


肩こりは万病への予告編に過ぎません。


是非、まだ大事には至らない今だからこそ、ご自分の体へのテコ入れを行っていただきたいものです。

ページトップへ