商品詳細

足もみ十訓

これだけは知っておこう

足もみ十訓

足をもんだからどこかが悪くなるということはありません。皮膚や骨をけがしないようにできるだけ強くもんでください。足がポカポカしてきた、足が軽くなったなどを実感できればVery Good!


1.
食事後1時間は足もみをしない。

-消化不良を起こすことがあります。


2.
ふらついた気持ちではなく自信を持って取り組もう。

-半信半疑で取り組むよりも効果は上がります。


3.
足をもめば具合の悪い人ほど痛い。その痛みに耐えよう。

-痛みは体調が上がるにつれて徐々に軽くなります。


4.
毎日コツコツ続けることが大事。三日坊主からは何も生まれない。

-足もみに限らず世間一般で大事なこと。“継続は力なり”


5.
足先から足の付け根(そけい部)まで万遍なくもみほぐそう。

-ツボ療法の感覚ではなく、あくまでも足の血流をよくするのが目標です。


6.
硬いところが弱っているところと心得よう。

-タコ、ウオノメ、しこりはそこと対応する臓器が弱っているというお知らせです。


7.
冷えは万病のもと。病気の人は足の冷えに特に注意しよう。

-冷えれば病気になる、病気の人は冷えるという関係を覚えておきましょう。


8.
人間の健康は血液に支配されていることを知っておこう。

-きれいな血液が全身を順調に循環して初めて健康でいられます。


9.
きれいな血液を作る臓器は肝臓、腎臓から。

-どんな病気でも肝臓、腎臓の機能が上がれば治りやすくなります。


10.
足もみの締めくくりは白湯を飲むこと。(300500CC

-腎臓から尿と一緒に老廃物を排泄しやすくするためです。


引用:官事務所/㈱健心

コメントする

名前

URL

コメント

店長ブログ

官足法の便利帖

お客様の声

店長ブログ


カレンダー
  • 今日
  • 定休日

いつもご利用有難うございます。
土曜日曜祝日は、営業及び商品の発送業務はお休みさせていただいております。また、お電話によるお問い合わせは基本的に平日の午前中のみとさせていただいております。午後は不定期となりますのであらかじめご承知おき下さいませ。(メールは随時お返事を致します)

ページトップへ