症状別治療法

胃腸の悪い方へのアドバイス

胃腸が弱った時の治療法

胃腸の病気は、胃と腸の反射区を揉むことで良くなります。

ひどいものはリンパ腺の反射区も追加。

ただ、基本は足の裏を中心に足全体を良くもみほぐし、硬いところや痛いところを残さないのが絶対に基本です。

他を触らないで、胃の反射区だけを揉んでも効果は遅いです。

また、食事や生活、ストレスの過小、アルコールや刺激のある食品の摂取の多少によっても胃腸の状態は変化してゆきますので、日々のケアが必要です。

毎日ウォークマットを15分あるいは、隔日でも良いから、踏むときは15分以上踏むように心がけて下さい。

ウォークマットを使わないで、官足棒、グリグリ棒、あるいは100円ショップの棒でも指でも何でも良いのですが、店長の経験では、足の裏に関しては、痛い部分をつい加減してしまうので、加減しにくいウォークマットを推薦する理由です。

胃の反射区は足の内側側面にあるので、ウォークマットを使うときは、少しコツが必要ですが、慣れればちゃんと効くように踏むことができます。

店長は中学生時代に小説を書いたり、詩を書いたりするのが好きになり、読書も好きで月に4~5冊は読んでいました。それをするのはいつも夜中。みんなが寝静まり、空気が落ち着いてくると、そういった活動をするのにものすごく良い環境ができるので、朝学校に行くまで貫徹をする。徹夜をすると当然眠くなるので、コーヒーを飲む。コーヒーも初めのうちは睡魔に効くのですが、じきに効かなくなる。インスントコーヒーの粉を段々増やしてゆくようになり、一晩で何回も飲む。最後はカップいっぱいのコーヒー粉にわずかのお湯を注いで、ヘドロみたいな苦いものを、無理やり飲み込んで、そんなことをしてまで、当時は時間を作りたい、魅力的な趣味だったのです。当時は。

しかし、そこまでしても、睡魔に対しての効き目が薄れてきた。

それで、当時「カーフェ」とかいう、カフェインで作られた錠剤とか、名前は忘れましたが、アンプルに入った液剤を薬局で買ってきて飲んでいました。これがまた暫く効いていたのですが、やはり徐々に効果が薄れてきて、今度はその個数、本数を増やしてゆく、みたいなことを1年ばかり続けていました。

貫徹が続くと脳内麻薬みたいなものが出るような気がします。根拠はありませんが。

ある時間から急にインスピレーションみたいなものが沸きあふれてきて、自分の創作したものが、ものすごく素晴らしいものに見えてくる。

あとで見るとたいしたもんではないのですが。

その状態が暫く続いたあと、今度は耐えられない程の睡魔。

そこを耐えて徹夜してそのまま学校へ。

日中はぼーっとして自分の体が自分のものじゃないような、ハイな状態だったり、ひたすら睡魔に襲われたり、まあ、無茶をしたものです。

それでもなぜか中学時代は成績が良かったので、奇跡的です。

高校生になる直前に、完璧に胃をこわしてしまいました。

毎日襲ってくるひどい胃痛。

病院に行って胃薬をもらい、足りなければ市販の胃薬、正露丸など欠かせなくなりました。

食事も、コーヒーはもちろん、カレーライスなどの刺激の強いもの、また甘いものでも胃が痛むようになります。かといって食事を避けていると今度は胃液でやられます。胃が痛み、次いで何も食べていないのに胃が膨らんだような膨満感に悩みます。

結局、高校の3年間、プラス浪人時代も含めた大学3年までの3年間、計6年間、コーヒーというものは一切飲めませんでした。好きなカレーなどは時おり食べていましたが、即胃薬のお世話になります。

大学3年の時に、喫茶店の店員のアルバイトをしている時に、休憩時間に店長がコーヒーをいれてくれたのですが、それを断りきれずに飲んでしまいました。

その時、胃の痛みがなかったので、ようやく6年の胃痛から開放されたと感じました。

しかし、その後も私の胃腸は弱く、何かあるとすぐに痛くなるので、胃腸薬は常に持ちあるく習慣が、大学卒業後も25年ほど続きました。

ウォークマットに出会い、踏むようになって、私の胃腸はそれまでのことが嘘のように健康になりました。踏み初めは足の裏に耐え難いほどの痛みがあり、どうにか踏めるようになってからも、胃、膵臓、十二指腸の反射区は足の側面にあるので、後から揉み始めたのですが、これがまた、気分が悪くなるほど痛い。なんだかんだと頑張って揉んでいるうちに、すっかり反射区の痛みが取れてからは、もう7年ほど胃薬は飲んだことがありません。

私店長は酒好きで、酒を欠かしたことがないですし、激辛ものが大好きで、LEEの夏期限定30倍カレー、とか、刺身にたっぷりのわさびをつけて食べたり良くしますが、有難いことに、胃痛とは今のところは無縁状態です。仕事上のストレスも長く続いていたのですが、それも大丈夫です。

ウォークマットに出会って本当に良かったと思います。

ただ、腸の方は、深酒などにより、時おり調子を崩すことはあります。

便が緩くなったり、日に何度もトイレに入ったりするハメになります。

この時に即効で整腸してくれる宝物があります。

それは「梅肉エキス」です。

メーカーによるのかも分かりませんが、私が使っているメーカーのものは、スプーン一杯の梅肉エキスをお湯に溶かして飲むだけで、終わり。

こんな不摂生してそれだけでいいのかよ、というくらい効いて、申し訳ないくらいです。

店長は年に2~3回エキスのお世話になります。

毎日胃薬を服用していた頃を思うと、嘘のようです。

薬代もかかりませんし。

ていうことで、自然食の王様「梅肉エキス」を最後にご紹介して一旦このコーナーを終わらせていただきます。

コメントする

名前

URL

コメント

店長ブログ

官足法の便利帖

お客様の声

店長ブログ


カレンダー
  • 今日
  • 定休日

いつもご利用有難うございます。
土曜日曜祝日は、営業及び商品の発送業務はお休みさせていただいております。また、お電話によるお問い合わせは基本的に平日の午前中のみとさせていただいております。午後は不定期となりますのであらかじめご承知おき下さいませ。(メールは随時お返事を致します)

ページトップへ