官足法の便利帖

生理中、妊娠中、妊娠の可能性のある時の揉み方

生理中、妊娠中、妊娠の可能性のある時の揉み方


良くあるご質問で、生理中は官足法を行っても良いものか、というのがあります。
むしろ、正常なホルモンの分泌を促し、生理を重くせず、スムーズに終わらせるには、良く揉んでおいて下さい。
生理痛、生理不順、生理前症候群などの傾向がある方は、良くかかとを揉んで生理に備え、生理中も足を揉むことをお勧めします。


但し、現在受精~着床の可能性がある時と、妊娠初期(安定期に入るまで)、かかと(「生殖腺」)の反射区は余り刺激し過ぎないようにお願いしております。
ウォークマットをお使いの場合、まだ日が浅くて踏んだときの刺激が強すぎる(痛い)場合は、それで下腹部に余計な力が入ることも心配です。
可能性の低いときであれば、子宮の健康状態を良くして着床を確実にするため、かかと全体をウォークマットとは別メニューで行うようにして下さい。
かかと全体とは、足裏部、内側側面部、外側側面部の全てを言います。
図表で見るように離れ離れではなく、反射区は全てつながっています。
「官足法足踏板<ウォークマットⅡ>の使い方」の説明図では、10番の踏み方を念入りにしていただくのが良い方法です。


妊娠中は体のホルモンのバランスが変わってしまうので、つわりがひどかったり、体調の狂いが出てつらい時には、親指の腹(「脳下垂体」の反射区)を刺激します。
精神も安定して、余分なホルモンによる不快感をなくします。
ウォークマットは時間にはこだわらず、少し体が温まってくればそこでやめるようにして下さい。
お風呂は断然腰湯が良く、温かい湯に腰まで浸かって、上半身がポカポカしたらあがります。血液循環にとっては最高の状態で、子宮も程よくあたたまり、良い環境です。
あと心配なのは、風邪の菌などによる感染です。
リンパ腺の反射区を日に一度揉んでおくことをお勧めします。
免疫細胞が活発になりますので、菌につよくなります。
ここまでの状態を保てれば、臨月まで無事に過ごせます。


食事はありふれているようですが、玄米食が母子ともにたくましい栄養源になります。
さらに、玄米は体内に発生する有害な「活性酸素」を中和してくれる、「活性酸素」が発生しています(炊きたて時のみ・すぐに蒸発してしまいますが)。
加えて、GI値が低く、肥満を防ぎ、エネルギーを効率よく燃やし、血液を掃除します。
玄米の理想的でおいしい炊き方は、店長ブログで紹介しています。
https://winterbell.jp/hpgen/HPB/entries/219.html
それに黒ゴマをすったものをスプーン2杯。ともすればカルシウム不足になりがちの妊娠期、少量でカルシウム補給でき、胎児の丈夫な骨格を育ててくれます。


ご出産後は・・・体が普通に動かせるようになれば、官足法を再開して大丈夫です。


また、お子様が小さい頃、足の親指を時々揉んであげると、精神的に落ち着いた、集中力のある頭の良い子に育つと言われています。
3歳くらいまでがチャンスだということですから、是非チャレンジしてみて下さい。

店長ブログ

官足法の便利帖

お客様の声

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

いつもご利用有難うございます。
土曜日曜祝日は、営業及び商品の発送業務はお休みさせていただいております。また、お電話によるお問い合わせは基本的に平日の午前中のみとさせていただいております。午後は不定期となりますのであらかじめご承知おき下さいませ。(メールは随時お返事を致します)

ページトップへ