物言わぬ臓器の声を聞く

十二指腸とは何か、十二指腸の病気と原因、その治療法について

十二指腸


胃袋から続いてくる消化器官です。
長さ25~30センチくらいあるため、指十二本分くらい、ということで十二指腸と呼ばれています。


十二指腸の粘膜は、胃袋から脂肪が送られてくると、コレシストキニンという物質を分泌します。この物質が胆のうを刺激して胆のうの収縮がおこり、それまで蓄えていた胆汁を十二指腸に流し込みます。こうして脂肪は、肝臓、胆嚢の助けを得て十二指腸で消化されます。
たんぱく質と炭水化物も十二指腸内で、すい臓からの膵液をもらって消化されてゆきます。


十二指腸の内壁には輪状のヒダがあり、その粘膜のヒダにはビロードのような絨毛がびっしりと生えていますから、腸としては短い消化器官ではありますが、栄養分の吸収面としてはかなり広い(およそタタミ12畳くらい!)面積となっています。


こうして主な栄養分と水分は十二指腸で90%くらい消化吸収されて、残りは次の空腸へと送られます。


十二指腸潰瘍、という言葉を良く聞きますが、原因は胃酸の過多にあります。
多くの胃酸が混じった未消化の食べ物が十二指腸に入ると、膵液が酸を中和しようとしますが、間に合わなくなると強力な酸により十二指腸が荒れ、炎症を起こし、潰瘍に発展します。
要は胃からの溶岩流が十二指腸に流れ込み、水をかけたが間に合わずやけどをする。そんな感じでしょうか。ピロリ菌の侵食も影響しているとも言われます。しかし、ピロリ菌を洗浄したから、胃炎も十二指腸炎も治った、という話はあまり聞かないのですが。
十二指腸潰瘍、十二指腸ポリープ、十二指腸炎、十二指腸癌などが代表的な十二指腸の病気。癌は舌から直腸に至るまで、あらゆる消化器系に起こる定番です。どこにできるか、というだけで、非常に単純な原因が源泉となっています。病名ともなると無数の種類が現れ、訳が分かりませんが、本当の原因となるものは少なすぎて誰もが拍子抜けするに違いありません。


十二指腸は小腸の始まりで、小腸の一部です。
十二指腸から空腸、空腸から回腸と続いて小腸全体となります。
小腸と大腸の境目には「回盲弁(かいもうべん)」という弁がついていて、大腸から小腸に物資が逆流しないようになっています。


ほとんどの栄養は小腸で消化・吸収されますから、胃も大腸も全摘出しても理論的には生きられます。逆に小腸は摘出すると栄養は吸収できなくなり人は生きられません。
ただ、摘出に頼らなければならない以上は、まだまだ現代医療も未熟だと言わざるを得ません。「生きられる」からと言ってもそれは慰みに過ぎません。
普通に健康な人と全く同じ様には生活が出来なくなるのは確かですから。
もし摘出以外に選択肢があるなら、考えてみても良いのではないでしょうか。
医療がギブアップしているのですから、あなたに選択権があるはずです。
もちろん、お医者さんは、それしかもう方法が残されていない、と言うでしょう。


そこから先はちょいと医学と薬局には相談できない世界です。
漢方でも少し厳しいかも分かりません。


切除する、摘出する、は最後の最後に取っておいてはいかがなものでしょうか。
ぎりぎりまで我慢してみてはどうでしょうか。
小腸の一部だけ、十二指腸の一部だけ、それも余りに切ない選択ではありませんか?
あなたのお子さんは指が不自由だから半分ほど切り取ってしまいましょう。
なあに、不自由はあっても生きることに支障はありゃしません。
そう言われてあなたはほいほいとOKしますか?


少しだけ自分の体と対話してみる時間が必要だと思います。


あなたの身体が本当にそれを欲しているのかどうか。
良く対話をして決めていただきたいものだと思います。


さて、それが良く分かるのが、足の反射区の存在です。
反射区というのは、その時々の臓器・器官の状態を良く表します。
老廃物で固まった足の裏を強く揉んだときの痛みとは別のものです。


十二指腸の反射区は、足裏というより、どちらかというと足の内側側面、「胃」「すい臓」に続いて繋がっています。十二指腸が悪い、ということは、胃にも異常があると考えられますから、胃から十二指腸まで、反射区がジ~ンと痛むはずです。
要はこの痛みが取れるまで揉み続ければ、悪いところも改善される、という訳ですが、だからと言って反射区ばかりを揉むのは方手落ちです。


体質自体が変わっていないからです。
そのため、反射区ばかりを刺激しても治りが遅いだけでなく、一時良くなってもまたぶり返すことが多くなります。


しっかりと足裏の老廃物の掃除を進めてゆき、健康になる素質を作っておかなくてはなりません。


反射区図表で位置を確認したい方はこちら

店長ブログ

官足法の便利帖

お客様の声

店長ブログ


カレンダー
  • 今日
  • 定休日

いつもご利用有難うございます。
土曜日曜祝日は、営業及び商品の発送業務はお休みさせていただいております。また、お電話によるお問い合わせは基本的に平日の午前中のみとさせていただいております。午後は不定期となりますのであらかじめご承知おき下さいませ。(メールは随時お返事を致します)

ページトップへ