官足法の便利帖

卵管閉塞からの不妊症

卵管閉塞からの不妊症


卵管もそうですが、人体のほとんどの器官は細い細い毛細血管からの血液に「酸素」と「栄養」をもらい、不要になったゴミを回収してもらって生きています。
加えて、すぐ近くをリンパ管というものが平行して、免疫が働いています。


この2つの流れが何らかの障害物によって通行困難が起きると、


1 周囲の細胞が劣化する
2 血管やリンパ管が詰まり、膨らんで、神経を圧迫したり、近くの組織(特に管として機能しているもの)を押しつぶす。
3 周囲が冷えて、機能障害が起きる。


など、あらゆる病気の種となってゆきます。


不妊症の多くは、子宮が冷えてしまっているせいでの機能不全と、排卵の困難によるものが多く、全身の血行の改善、血液の流れを止めているものの排除を行い、血液をサラサラにするために腎機能を強くしなくてはなりません。


そのために足裏全体を毎日ウォークマットで踏みつけて老廃物を取る作業が、痛くて地味な作業ですが、省略することができません。


また、反射区としての効果は、子宮全体の反射区は「かかと全体」にあたりますので、足裏部分だけではなく、左右両側もしっかりと揉むように心がけて下さい。


こちらでも紹介していますが、不妊症を足揉みで克服した方は非常に多くいらっしゃいます。希望を持って取り組んでいただければと思います。
http://kansokuhou.co.jp/
(画面下方に記事が掲載されています)

店長ブログ

官足法の便利帖

お客様の声

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

いつもご利用有難うございます。
土曜日曜祝日は、営業及び商品の発送業務はお休みさせていただいております。また、お電話によるお問い合わせは基本的に平日の午前中のみとさせていただいております。午後は不定期となりますのであらかじめご承知おき下さいませ。(メールは随時お返事を致します)

ページトップへ