官足法の便利帖

緑内障克服マニュアル



「緑内障克服マニュアル」


健康診断で、目の前に機械を置かれて、「目を閉じないで下さい」とか言われながら、目に「プシュッ」と風圧をかけられたご経験があるでしょうか。


木漏れ日の中の瞳 - イラスト素材
(c) TAKUMI-CGイラスト素材 PIXTA


あれは眼圧の検査をしているのです。
何で眼圧がそんなに気になるのかと言えば、眼圧が正常範囲を超えて大きくなっていたら、緑内障になる、あるいはなっている可能性があるからです。


眼圧が大きくなることによって視神経に何らかの問題が起きて視野が狭まり、やがて失明しかねない、というのが緑内障。こちらも白内障と同様、加齢によって発生の確率が上がります。


厚生労働省研究班の調査によると、我が国における病気による失明の原因としてはNO.1。全体の1/4、白内障と比べても5倍以上とダントツです。
しかも40歳以上の日本人において緑内障の患者は、5.0%であることが分かっています。40歳以上の日本人20人に1人が緑内障の患者さんであるということになります。


何が原因で「緑内障」になるのでしょうか?


隅角と呼ばれる房水の排出口(線維柱帯とその奥にあるシュレム管)が目詰まりして眼圧が上昇、視神経を圧迫し続けた結果、視神経の細胞が死滅、視野を失うもの(原発開放隅角緑内障)。
隅角が狭くなり、やがては完全に閉じてしまうことによって眼圧が上がるもの
(原発閉塞隅角緑内障)。
生まれつき隅角に異常があり、生まれたときから眼圧が高く、緑内障になるもの(発達緑内障)。昔は「牛眼」と呼んでいました。


簡単にいうと、目のレンズの中でたんぱく質が酸化して濁るのが白内障であれば、レンズの前の虹彩を潤している水が、出口で詰まって眼球が膨らみ、その圧が原因で視神経に支障を来たすのが緑内障。
要は、目の詰まり、あるいは腫れ、塞がりが原因。


水 水滴 蛇口 - 写真素材
(c) djf画像素材 PIXTA


人間の体は、詰まること、腫れること、塞がることによって万病へと続きます。
そもそも血行が悪くなれば、詰まり、腫れ、塞がるのです。うっ血は放置していてはならないのです。


眼圧が高くなることが緑内障の原因と考えられていたのに、眼圧が正常なのに緑内障になる、全く原因不明の緑内障が存在します。
実際はこちらのタイプの方が、眼圧の異常によるものより多いとされているようです(正常眼圧緑内障)。


「おそらく血行が悪いことが原因で、視神経への血流も悪い為、神経が萎縮しやすい状態があるのではないか。」と推測をした記事もありました。
おそらくではないと思います。


視神経だって細胞の一つ。
正常に生きているためには、新鮮な酸素と栄養が必要です。
それを届けるのは血液です。
血液の流れが悪くなったら・・・細胞にとって住みやすい環境ではなくなります。細胞は疲弊し、活動が鈍り、老化します。
視神経だって細胞の一つなんです。
他の細胞と一緒で、いつかは分かりませんが、短い寿命を終えることはあります。それを黙って見ているだけであれば。


死んでしまった視神経は復活しないと言われています。
そうかも分かりません。
医療と言う限られた分野から見れば、それはその通りだったのだろうと思います。
下半身不随で、一生歩くことはない、と言われたのに、必死の決意でリハビリして最後には松葉杖もなしで歩くようになった、というような感動の話を時々耳にします。お医者さんは奇跡だと言いますが、人体は存在自体が奇跡。
何が起きても不思議ではないと思います。


シルク - 写真素材
(c) taka画像素材 PIXTA


緑内障と診断されてしまったあなたにも、体は充分に希望を与えてくれるはずです。


ここまでお読みになって、更に官足法というものを知っているあなたであれば、まず何をすれば良いかお分かりになるはずです。
足裏の方から詰まりをなくして全身の血行を良くすること。
正解です。


前回発表しました「白内障の克服マニュアル」と全く同じ方法で治すことができますから、もう一度お読みになってみて下さい。


詰まりが原因なら、血行を良くして目の反射区刺激にも手伝わせて目尻に詰まった老廃物を排除すること、これで眼圧は下がります。


全身の血液循環が悪くて視神経に影響が出たのなら、足裏を徹底的にいじめて詰まりを取って、足裏にひしめく内臓反射区を刺激して活性化し、血液をきれいにして視神経に充分な栄養と酸素を供給できる体質を作るのが急務です。


1に足裏、2に足裏、3、4も足裏、5に反射区です。


ガッツポーズの女性 - 写真素材
(c) Ryo.WATANABEストック写真 PIXTA


※アレルギー性結膜炎や鼻炎に使用されるステロイド点眼、点鼻剤は危険です。
薬は目の前の一つを楽にするために多くを平気で犠牲にするもの。
自分の健康は自分で守りましょう。
自分の血行と血液は最低限正しくすること。
それがあなたの借り物である「体」に対する礼ではありませんか。



多賀大社古例祭 - 写真素材
(c) terkeyストックフォト PIXTA

店長ブログ

官足法の便利帖

お客様の声

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

いつもご利用有難うございます。
土曜日曜祝日は、営業及び商品の発送業務はお休みさせていただいております。また、お電話によるお問い合わせは基本的に平日の午前中のみとさせていただいております。午後は不定期となりますのであらかじめご承知おき下さいませ。(メールは随時お返事を致します)

ページトップへ