事例集

ギックリ腰が治った事例

ギックリ腰が治った事例

人物:東京・板橋区・印刷会社社長・49歳男性(当時)

症状:ギックリ腰。出社が困難な状況。

対処法:

腎臓・輸尿管・膀胱をはじめ足裏全体、腰の反射区である腰椎の反射区をマッサージする。太もも、ふくらはぎもまんべんなく。簡易的には腰の歪みを直す施術法があり、併用したい。

実際の事例:

左腰のギックリ腰で、少しでも負担がかかれば強く痛む状態。うつぶせになってもらい、足をそろえてみると、左足が右足に対して2センチも短い。腰の歪みを直す施術を行うと左足と右足の長さが一致。即座に腰を曲げたり伸ばしたりできるように。ただ、腰の芯にまだじっくりとした痛みがあるというので、腰のうっ血を散らすための第二の施術も行う。その場で痛みは消滅。翌日から元気に仕事に復帰できた。(この施術法とお問い合わせについては、「症状別の治療法について」の項「腰痛」をご参考下さい。)

※骨の歪みに起因する腰痛についての事例は数が多く、逆に施術法についてはほぼ同様のため、その他の腰痛の事例については割愛致します。

コメントする

名前

URL

コメント

店長ブログ

官足法の便利帖

お客様の声

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

いつもご利用有難うございます。
土曜日曜祝日は、営業及び商品の発送業務はお休みさせていただいております。また、お電話によるお問い合わせは基本的に平日の午前中のみとさせていただいております。午後は不定期となりますのであらかじめご承知おき下さいませ。(メールは随時お返事を致します)

ページトップへ