花粉症・鼻炎専門店 店内

花粉症・鼻炎のあなたの反射区はどこでしょう?

花粉症・鼻炎で最も重要な反射区は「鼻」の反射区と「副甲状腺」の反射区です。

図表をご覧下さい。

ウインターベルのマークのあるところ、6番(鼻)と13番(副甲状腺)がそれにあたります。



ご覧のとおり、こちらは足親指の外側にあります。


ここはウォークマットⅡで刺激するには、足を内側に曲げるなど、当たるようにするためにはちょっと工夫が必要です。


グリグリ棒での刺激が最も理想的ですが、足心クリームなどをぬって、指でうまく刺激してやることも可能です。


皮の内側が固くなっている場合が多いので、柔らかくするには、やはりグリグリ棒などで、多少痛いのは我慢して、辛抱強くマッサージしてあげることが大切です。


長年履物で圧迫されこすられて、皮が厚くなり、老廃物も内側にたまっています。


きれいにお掃除してあげて、自律神経に関わり深い反射区を刺激してあげることが、あなたの望みを叶える近道ですよ。

店長ブログ

官足法の便利帖

お客様の声

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

いつもご利用有難うございます。
土曜日曜祝日は、営業及び商品の発送業務はお休みさせていただいております。また、お電話によるお問い合わせは基本的に平日の午前中のみとさせていただいております。午後は不定期となりますのであらかじめご承知おき下さいませ。(メールは随時お返事を致します)

ページトップへ